アスピリクエタとは一線を画するヒサイのサッリ・ボールへの効能

Chelsea

画像出典元 Football Whispers

DF アスピリクエタが 2022年までの契約延長にサインしたことは記憶に新しいですが、同じポジションである現 SSC ナポリ所属の DF エルセイド・ヒサイ獲得の噂が消えることはなく、逆に獲得の噂が大きくなっている状況です。この理由についてとあるメディアが根拠を述べ、サッリのシステムには必要不可欠であることを提言しているようです。

 

引用記事

Unlike Azpi, Hysaj was built for Chelsea's Sarri-ball | Football Whispers
Chelsea weren't able to get Elseid Hysaj in the summer, but they might get him in January. The full-back is unsettled at Napoli and here's why he'd be a great c...

DF エルセイド・ヒサイは離れてしまった選手であり、今後もそうなる可能性がある。マウリツィオ・サッリと SSC ナポリの間で交わされた契約は、サッリがチェルシーに移ったときに一緒に連れて行くことができる選手は MF ジョルジーニョだけだということを意味していた。

しかしそれ以来、ブルーズはアルバニア代表の右 SB を追い求めていない。

スポンサーリンク

「1月にチェルシーとの交渉再開を排除することはできない。」と、ヒサイの比較的メディアにフレンドリーなエージェント Radio Crc は語った。

更に、ナポリのジャーナリスト Emanuele Cammaroto は、「ヒサイは出ていくだろう。」と発言している。

「アンチェロッティ監督は彼を放出する準備ができており、アウレリオ・デ・ラウレンティスは更新期間が長すぎたため、これ以上交渉できないとして契約金を値上げしなかった。

「彼との別れは既に議題に入っており、アルバニア人は彼の師匠であるサッリの元へ行く。」

新しい SSC ナポリ監督のカルロ・アンチェロッティの元でヒサイの役割は変わっていないが、彼はポジションをローテートされたことに苦痛を感じていた。

ナポリ全体がアンセロッティの下でわずかにポゼッション指向が少なくなったが、これはヒサイにまでは及んでいない。

引用元 Football Whispers、和訳者 cheren

画像出典元 Football Whispers

 

彼がゲーム毎に出した正確なパスの平均数は、90分あたり 57.54 回から 56.7 回へとわずかに減少した。パス精度はどちらの方向にもシフトしておらず、どちらも 87% であった。

Football Whispers のペルソナレーダーに示されているように、DF セサル・アスピリクエタの今シーズンのブルーズでのプレー結果とは比較的異なる役割を果たしているといえる。

引用元 Football Whispers、和訳者 cheren

画像出典元 Football Whispers

 

スタンフォード・ブリッジへのヒサイの潜在的な到着についての見出しは、一般的には DF ダヴィデ・ザッパコスタとの交換またはアップグレードを意味して位置付けられている。

それは奇妙だ。彼の師匠の監督と再会することがあったとしても、なぜプレイヤーはローテーションのオプション(または悪化する状況)になるためにナポリを去るのだろうか?

 

アスピリクエタに別れを告げるのか?

心の中でアスピリクエタを愛しているチェルシーのファンは、スペイン人が落ちていくのを考えたくないかもしれないが、それは意味をなさないだろう。

ヒサイはサッリのシステムを知り尽くしているだけでなく、彼は 29歳のアスピリクエタよりもシステムに適している。アスピリクエタがボールを持って横にドリブルするのを見るのはまれなイベントだが、ヒサイは定期的にそうしている。

スペースへの彼の走り込みは、ナポリがボールを高い位置に入れるのに大きな助けとなる。サッリが狭い位置でのアタッカーを好んでいることから、彼の理想的なフルバックは、フィールドの上下左右をカバーすることができることだろう。

スポンサーリンク

「私は可能な限りピッチを守ることを好む」とアスピリクエタは、サッリのディフェンスに関するシステムについて説明するシーズンの早い段階で語った。しかし、彼の行動にはそれほど影響していないようだ。

アスピリクエタが CB としてのプレイをやめたにもかかわらず、彼のタッチは、昨シーズンと同じピッチの高さ(幅は違うが)で広範にとどまっている。

引用元 Football Whispers、和訳者 cheren

画像出典元 Football Whispers

 

アスピリクエタが好んでいるかもしれず、ピッチの高い位置で守備をしているかもしれないが、彼の全体的な貢献はさらに後退している。

高いエリアにはもう少し集中力がありますが、それは過去 2シーズンでヒサイと同じ貢献はできていない。

引用元 Football Whispers、和訳者 cheren

画像出典元 Football Whispers

彼の行動は反対側の半分に集中している(彼は今シーズンは左 SB としての出場で多くの時間を費やしているため、2018/19 のひーちマップは少し奇妙に見える)。

ジョルジーニョはチェルシーに入団して以来、守備的な貢献(または欠落)で批判されているが、彼が中盤 にもたらしてきた効果について論じられることはない。

サッリは、夏にヒサイをこの理由のために欲しがっていた。ヒサイは、ウィングに同様の大きな影響を与える可能性がある。

引用元 Football Whispers、和訳者 cheren

 

コメント