プレミアリーグのビッグ・クラブが影響を受ける新しいFIFAルール

Chelsea

画像出典元 Express

近年、チェルシーやマンチェスター・シティ FC のようなプレミアリーグのビッグ・クラブを筆頭に、将来有望な大量の若手選手たちを所有しては欧州各国のクラブへレンタルに出す、所謂青田買いシステムの形態が公然と存在していますが、FIFA はこの流れに一定の制限をかけようといているようです。

 

引用記事

Premier League giants set to be impacted by new FIFA rule
FIFA are looking to reduce the amount of players that football clubs can send out on loan every season.

FIFA は、サッカークラブが毎シーズンレンタルとして送り出せる選手数の削減を目指している。

レンタルに関する新しいルールが発効された場合、プレミアリーグクラブの活動に影響を与える可能性がある。

FIFA から提案された計画が承認されると、クラブは 2020/21 シーズンより 6人から 8人までしか選手をレンタルに出せなくなるとのことだ。

スポンサーリンク

これは、現在レンタルシステムを積極的に活用しているチェルシーやマンチェスター・シティ FC のようなビッグ・クラブに影響を与えるルールである。

チェルシーは、現在、39人という大量のプロ選手をレンタルに出し、そしてプレミアリーグで最も活躍している。

シティにもレンタルに出している豊富な選手たちが居る。

彼らは、ボルシア・ドルトムントの新たな指導の下、ドイツで大活躍しているように見える MF ジェイドン・サンチョという星を失ってしまった。

しかし、ペップ・グアルディオラは、彼のチームがどんな状況にも適応することを断言している。

シティの監督は、「選手たちをここに戻して、どこでプレーするのか見る必要がある。そしてどこにも見つけられなければ、彼らを売却しなければならない」と語った。

FIFA のサッカーステークホルダー(利害関係者)委員会は、この新たな制限が「商業的搾取」を防止すると述べた。

Gianni Infantino氏は、「私たちは皆をテーブルに集めており、業界のすべての主要な関係者は、私たちがこの改革提案に向けて行動する必要があることを理解している」と述べた。

「これは、より透明性を高めるための重要な第一歩であり、何百万ものクラブへの連帯の支払いを行うルールの効果的な実施、エージェントやレンタルの問題といったトランスファーシステムの主要な側面にどのように取り組むかについてのコンセンサスを形成する。」

Infantino 氏はフットボールによって流通する大量の資金に「関心」を持ち、トランスファーシステムに透明性を加える方法を模索している。

引用元 Express、和訳者 cheren

 

コメント