来シーズンのタイトルを目指すなら、冬に自国のスターを手放してはいけない

Chelsea

画像出典元 Soccersouls

今冬の移籍ウィンドウで AC ミランが MF セスク・ファブレガスと MF ルーベン・ロフタス=チークの両獲得を狙っているという噂に対し、地元メディアが ロフタス=チークは放出すべきではないという意見を報じているようです。

 

引用記事

Why Chelsea shouldn't let go of Ruben Loftus-Cheek amidst interests
According to a report in Daily Star, Chelsea midfielder Ruben Loftus-Cheek is wanted by Italian club AC Milan when the January window opens. 

なぜチェルシーは他クラブからの関心の真っ只中に居る MF ルーベン・ロフタス=チークを手放してはならないのか。

Tuttosport 経由 Daily Star の報道によると、チェルシーの MF ルーベン・ロフタス=チークは、1月の移籍ウインドウが開いたときにイタリアの AC ミランが獲得に乗り出すと噂されている。このセリエA クラブは、今シーズン終了時に契約が切れるブルーズの MF セスク・ファブレガスにも興味を持っている。

スポンサーリンク

ロフタス=チークは、試合で定期的な試合時間を確保しようと奮闘しているが、新監督のマウリツィオ・サッリはこの若手イギリス人にカップ戦で輝くチャンスを与えることに満足している。

しかし、リーグ戦のスターティング・ラインナップに食い込むことができないにもかかわらず、22歳はチャンスが到来するたびにうまくやってきている。

AC ミランが寄せる強い関心の中で、チェルシーがこの MF を守るべき理由を以下に挙げる。

 

ルーベン・ロフタス=チークはクラブの未来を担う選手だ

上記のように、サッリはまだリーグ戦ではロフタス=チークをレギュラーとして起用していない。イギリス人は今シーズン、プレミアリーグの試合でを 1回だけスターター起用され、そして 5試合でベンチ登録から外れている。

そんなわずかな短時間のチャンスに MF は 3つのゴールを決めており、ファイナル・サードでのオン・ザ・ボール、オフ・ザ・ボールでのダイレクトなアプローチを駆使することで、所謂試合を変える選手となっている。

チェルシーのチームを俯瞰した時、22歳の選手がクラブを離れた場合、中盤の選手が不足することが予想される。セスク・ファブレガスは全盛期を超えた選手であり、レアル・マドリードからのシーズンレンタルで加入した MF マテオ・コヴァチッチは、シーズンが終了するとスペインの首都に帰っていく。

したがって、彼らは MF エンゴロ・カンテや MF ロス・バークリーと一緒に、8番の役割を果たす選手として残すべきだ。クラブの観点からも、アカデミーから輩出した選手を保持することが不可欠だ。

スポンサーリンク

さらに、ロフタス=チークは、過去 1年ほどの間に急成長した優秀な選手である。彼は狭いエリアでボールを持ってから、急にペースを変えて爆発的な加速力で相手 DF を置き去りにするすごい能力を持った身体面でも並外れて優れた MF である。22歳の彼はゴールを決める能力があり、チャンスをつくり、ボールを失っているときもグラウンドを駆け回ことができる。

チェルシーは今シーズン、チャンピオンズリーグ出場権に挑戦しており、おそらくは次のシーズンのタイトル競争にも手が届く優勝候補になるだろう。彼らの目標は、核となるプレーヤーを守り、すべての面で強固なチームを構築することにある。ロフタス=チークは、その各の一部でなければならない。

引用元 Soccersouls、和訳者 cheren

 

コメント