サッリ、ブライトン戦でのFWアザールの偽9番起用で成功を後押しする

Chelsea

画像出典元 Sky Sports

先日のプレミアリーグ、ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン FC 戦で、再び偽 9 番の役割で 1ゴール 1アシストを決めた FW エデン・アザールの起用について、サッリが試合終了後のインタビューに応じたようです。

 

引用記事

https://www.skysports.com/football/news/11668/11583369/chelsea-boss-maurizio-sarri-backs-eden-hazard-to-thrive-as-false-nine

2-1 で勝利したブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン FC 戦で、FW エデン・アザールは 1ゴールと 1アシストを記録した。

ベルギーのプレーメーカーの活躍で日曜日にブライトン戦で 2-1 で勝利を収めた後のインタビューで、マウリツィオ・サッリは、エデン・アザールが偽 9 番の役割を果たしていくと語った。

スポンサーリンク

サッリのチームは、今シーズン当初からチェルシーで幅広い役割を担い、9月のプレミアリーグの月間最優秀選手賞を受賞した名手、エデン・アザールのおかげでプレミアリーグの 4位を確保している。

アザールは、監督サッリがブルーズの欠点の解決策を見出そうとする一環で、セントラル・ストライカーの役割に移った。チェルシーの攻撃を FW アルバロ・モラタや FW オリビエ・ジルーが主導するとき、彼らはゴールできずに苦戦するからだ。

彼の新たな役割では、ブライトン MF デール・スティーブンスのチャレンジに難儀する前に FW ペドロの先制点をアシストして自身もゴールを決めてチェルシーのリードを広げるという素晴らしい仕上がりをみせ、ブライトンが対応するにはアザールはあまりにも強烈すぎた。

アザールに偽 9 番の役割を続けるかどうかを尋ねられ、水曜日にカラバオ・カップでの AFC ボーンマス戦でアザールがフィットすることを期待するサッリは次のように答えた。

「私たちにとって彼はこのポジションにとても重要だと思う。

「彼はチームメイトを理解してプレーすることができ、スペースを作り出すことにとても長けている。今、そのポジションで彼はボックスを攻撃することを改善しなければならないと思う。」

2014年 9月以来、プレミアリーグで 4試合連続でアシストを記録しているチェルシーの最初の選手であるベルギー人は、今シーズン(17試合中 16試合)のプレミアリーグでチームがマークしたゴール数に対し、昨シーズン全体(34試合中 16試合)よりも多く関わっている。しかし、サッリは更により高いレベルまで引き上げるように彼の魔法使いに命じている。

イタリア人監督はコメントしている。

スポンサーリンク

「彼のレベルは非常に高いので、彼はもっと良いプレーができると思う。私は彼と私たちのためにもっとやることができると思うが、彼は 2回の怪我の後にフィジカル・コンディションを失ったと思う。」

試合では FW ソロモン・マーチが 66分に 2点のビハインドを 1つ減らしたが、サッリはあまり懸念していないと語っている。

「私たちは良い試合をしたと思う」と彼は続けた。

「私たちが完全にコントロールしていた瞬間にゴールを許してしまったので、私たちはもっと良い勝利を収めていたかもしれない。

「もちろん、最後の 5分間、非常にフィジカルに攻めてくるチームと対戦するのが難しいが、一般的には非常に良い試合だった。」

引用元 Sky Sports、和訳者 cheren

 

コメント