サッリ、FWアザールの偽9番起用の継続を仄めかす

Chelsea

画像出典元 Squawka Football

難敵マンチェスター・シティ FC 戦での勝利の勢いをそのままにプレミアリーグで 2連勝を飾っているチェルシーの原動力となっている FW エデン・アザールの偽9番起用ですが、マウリティオ・サッリはこのままの起用を今後も続けることを示唆しているようです。

 

引用記事

Sarri hints Hazard will continue as Chelsea’s false No.9
Maurizio Sarri has hinted that he will continue to use Eden Hazard in the false nine role. 

マウリティオ・サッリは、FW エデン・アザールを今後も継続して偽9番の役割として起用することを示唆している。

ベルギー代表は、普段からウィンガーとして広いエリアに配置され、チームメイトと連携したり、ゴールを決めるためにインサイドへ漂ったりするのに慣れている。

引用元 Squawka Football、和訳者 cheren

スポンサーリンク

エデン・アザールが偽9番の役割を続けるために知っておくべき 5つの重要なこと

  1. 2012年にクラブに移籍して以来、ウィンガーのアザールはチェルシーでほぼ 100ゴールに近い得点をマークしている。
  2. 彼はシーズン開幕後素晴らしいパフォーマンスを維持していたが、10月以降の 7試合でゴールを決められていなかった。
  3. サッリは、最近行われたマンチェスター・シティ FC との試合で、アザールを偽9番として起用した。そのアザールは2得点をアシストして 2−0 で勝利している。
  4. ベルギー人は、日曜日のブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン FC 戦でようやくゴールを決め、FW ペドロのゴールもアシストして 2-1 の勝利を収めた。
  5. サッリは、アザールがこの役割において「非常に重要」であるが、「バイタルエリア内での攻撃を改善する」必要があると考えている。

 

マンチェスター・シティとブライトンと対戦した最近の試合では、サッリはアザールを中央での役割にシフトさせ、27歳の彼もこの 2試合で 3アシストを提供するとともに、10月の日曜日以来のリーグでの得点も記録した。

そして、イタリア人監督はその位置にアザールを置き続けることを示唆している。

Standard Sport によると、「私たちにとって、彼(アザール)はこの位置で非常に重要であるかもしれない。彼はチームメイトと深く連携してプレーすることができる。彼はスペースを作ることができる。」とサッリは記者会見で語った。

「今、そのポジションで、彼はボックスを攻撃することを改善しなければならない。」

MF デール・スティーブンスに足首を掴まれた後、アザールは 83分にピッチを去ったが、日曜日の試合ではチェルシーがシーガルズ(ブライトンの愛称)に 2-1 で勝利した。

しかし、サッリは負傷を軽視しており、アザールはただ休養する必要があることを主張している。

「エデンは大丈夫だ。」と彼は付け加えた。「強く打っただけだ。医者からは、大きな問題ではないという診断だった。たぶん、1日か 2日は安静にすることになるだろう。」

チェルシーの次の試合は、水曜日の夜に行われる AFC ボーンマスとのリーグカップ準々決勝戦である。

引用元 Squawka Football、和訳者 cheren

 

エデン・アザールは今後もチェルシーに残るのか?

チェルシーでの在籍期間が数年間にも達しているエデン・アザールは、今チェルシーにおける最も重要な選手だと広く認識されている。

元リーグ1・LOSC リールの選手だったアザールは 2012年にチェルシーへ移籍して以来、319試合で 98ゴールを記録しており、

元リール男子は2012年にクラブに入団してから319試合で98ゴールを記録し、その過程で国内外の 5つのタイトルを獲得している。

しかし、今夏のロシア・ワールドカップでのベルギー代表としてだけではなく、ブルーズでも発揮している彼のフォームは、クラブでの彼の将来についての絶え間ない推測にもつながっている。

引用元 Squawka Football、和訳者 cheren

欧州 5大リーグにおいて、2人だけが 8ゴール以上、8アシスト以上を獲得している。

🇧🇪 エデン・アザール:8 goals, 9 assists
🇦🇷 リオネル・メッシ:11 goals, 8 assists

No.10 の務めを果たしている👏

引用元 twitter、和訳者 cheren

 

スポンサーリンク

レアル・マドリードは、アザールの移籍先として最も頻繁に宣伝されているクラブだが、10月には、少なくとも 2020年に契約が終了するまではロンドンに留まるとマウリツィオ・サッリは主張していた。

しかし、アザールは、自分の気持ちを隠すことは決してなく、最近の報道では、彼が後悔でキャリアを終わらせたくないと話し、インタビューでもすぐに「決定する」ことについて語っている。

彼の将来について尋ねられたとき、彼は答えた。

「家族はロンドンにいるし、私も28歳になる。私はキャリアの終わりに後悔することはしたくない。

「これは決断だ。いつか分からないが、私はそれをするだろう。

「ただ、私が言ったように、私は既に今年はチェルシーで終える。今年はまだ 1年間契約を残している。」

引用元 Squawka Football、和訳者 cheren

 

コメント