SSCナポリ会長、銀行員時代のサッリの経験がチーム補強の活動を妨げていると語る

Chelsea

画像出典元 GiveMeSport

マウリツィオ・サッリがかつて就任していた SSC ナポリの会長アウレリオ・デ・ラウレンティスは、ナポリ時代のサッリの言動を元に、サッリが移籍ウィンドウを使ったチーム補強にあまり積極的ではない理由を語っているようです。

 

引用記事

Napoli president’s comments about Sarri in the transfer window will alarm Chelsea
Sarri left Napoli this summer to join Chelsea

マウリツィオ・サッリは、SSC ナポリで 3年連続スクデットに挑戦した後、今夏にチェルシーに加わった。

59歳の監督は、プレミアリーグ開幕後 12試合を無敗で乗り切り、ブルーズの新監督として好調なスタートを切った。

スポンサーリンク

サッリの新しい契約である MF ジョルジーニョ、GK ケパ・アリサバラガとレアル・マドリードからのシーズン・レンタルで加入した MF マテオ・コヴァチッチも速やかにまずまずの活躍をみせているが、これはサッリが彼が見た活きの良い選手をそのときに買うのが良い買い物だということを理解している。

当時セリエC 所属だったエンポリ FC からセリエA クラブへのサッリの衝撃的な移籍は、監督としての彼の才能を強調している。

しかし、現 SSC ナポリ会長のアウレリオ・デ・ラウレンティスは、サッリが不快な仕事を扱うことを避けるという一面があることを明らかにしている。

サッリの移転や金融に関する問題は、誰もが予想するものよりもはるかに深刻であるように伺える。

「サッリは臆病だと思っていた。彼は自身の過去(金融に関する仕事)にとても不満を抱いていた。」とラウレンティス会長は Corriere di Mezzogiorno でのパネル・ディスカッションで発言した。

「共産主義者が金銭の不道徳さに基づいて彼の職業を成立させるのと引き換えに、彼は不満の症候群に苦しむようになった。サッリの厳しい共産主義者の見解は、市場における彼の活動を明らかに制限している。そして人にフラストレーションと苛立ちを鬱積させてしまった。

「サッリが非常に頑張っていることがわかった。彼の妻はスタジアムにも来ることができなかった。昔はよくサッリに『サッリ、選手を買わないか?』と尋ねたものだったが、彼はそれについて何も知りたくないと答えた。

「私は皆のアドバイスに逆らってサッリを選んだが、当時、私の決定に抗議するバナーで街が覆われた。」とデ・ラウレンティスは言った。

スポンサーリンク

これらのコメントがチェルシーのファンを驚かせるようになり、ブルーズの忠実な人たちは今、チェルシーが来年 1月の移籍ウィンドウでどのような活動をするのだろうかと疑問に思うのではないだろうか。

煎じ詰めると、サッリがジョルジーニョ、ケパ、コヴァチッチの署名について何も言っていないのかどうか疑問視しながら。

引用元 GiveMeSport、和訳者 cheren

 

 

コメント