チェルシーが今冬での放出を検討すべき 3人の選手たち

Chelsea

画像出典元 Chelsea FC Online

年の瀬も迫り、プレミアリーグを含めたヨーロッパの各リーグでは冬の移籍期間を間近に控えているなか、とあるメディアが今冬でチェルシーが放出を検討するべき冗長となっているプレイヤーを 3人挙げ、新陳代謝の必要性を説いているようです。

 

引用記事

Three Players Chelsea Should Consider Selling This January - Chelsea FC Online
The Blues should consider selling the following players in order to raise funds and purchase a new specialist striker next month.

チェルシーは今シーズン、今のところ素晴らしい品質のサッカーを展開している。

ブルーズが今シーズンでリーグのトップ4 を確保し、カップトーナメントでも長期間勝ち残って 1つか 2つでもタイトルを獲得できる可能性を見いだせれば、それは正しい方向への一歩となるだろう。

現時点では、チームはフロントのポジションの 1つに弱点を抱えている。FW オリビエ・ジルーと FW アルバロ・モラタの両選手は、ゴールを量産できておらず、マウリツィオ・サッリが FW エデン・アザールを偽9番の役目で起用しなければならなかった。チェルシーのようなクラブでは、一貫してポジティブな結果を出し続けるためには、大量のゴールを生み出せるストライカーが必要だ。

ブルースは、来月、新たなスペシャリストのストライカーを獲得する資金を調達するために、以下の選手を売却することを検討すべきである。

引用元 Chelsea FC Online、和訳者 cheren

スポンサーリンク

MF ダニー・ドリンクウォーター

ドリンクウォーターは、前監督アントニオ・コンテの最悪のサインの 1人だった。

イングランドの MF は 2017年夏にスタンフォード・ブリッジに到着した。レスター・シティ FC で、彼と MF エンゴロ・カンテが素晴らしい中盤のパートナーシップを結成してプレミアリーグを制覇した 2015-16 シーズンのような活躍、そんな働きをチェルシーでも見せることが期待されていた。

今シーズン、ドリンクウォーターはプレミアリーグの試合に全く出場していない。それにもかかわらず、彼は質の高い選手であり、28歳でキャリアのピークに達している。彼はリーグ順位表の下半分にいるボトム10 のどのクラブにとっても、貴重な人材となる可能性がある。

引用元 Chelsea FC Online、和訳者 cheren

 

FW ビクター・モーゼス

モーゼスは決して安定したパフォーマンスを維持できるプレーヤーではなかった。

彼はコンテの下で 2017-18 シーズン中、ファースト・チームのレギュラーとしての立場を確立し、ブルーズがリーグのタイトル連覇を信じさせるのに印象的な活躍を見せた。

ただ、モーゼスはあまりにも頻繁にポゼッションを失う傾向があった。そして彼の判断力についても、彼が不用なシーンでシュートを撃つ傾向があるため、ベストとはいえなかった。

彼は今シーズン、プレミアリーグでも 2試合しかプレーしておらず、クラブが所有する選手のなかで冗長であることを示している。

引用元 Chelsea FC Online、和訳者 cheren

スポンサーリンク

DF ガリー・ケーヒル

ケーヒルは長年にわたり、チェルシーにとってのすばらしい奉仕者だった。しかし、彼はディフェンスの中心のポジションで DF アントニオ・リュディガーと DF ダヴィド・ルイスを好むサッリからは好まれていないようだ。

ケーヒルは、今シーズンではカップ戦での出場に制限されており、そして 33歳でもあり、彼がファースト・チームのレギュラーとして居場所を獲得するのを見ることは難しい。

しかし、このベテラン選手は、現時点では守備崩壊の危機にあるマンチェスター・ユナイテッド FC を含め、他の多くのクラブにとって有益な選手になる可能性がある。

引用元 Chelsea FC Online、和訳者 cheren

 

コメント