サッリ、チェルシーに心理的な問題があることを認める

Chelsea

画像出典元 Daily Mail Online

レスター・シティ FC 戦でプレミアリーグ今季 3敗目を喫したサッリはインタビューでチェルシーの選手たちは心理的な問題を抱えていると応えたようです。ただ、チームがスポーツ心理学者を招聘することについては否定的なようです。

 

引用記事

Rashford and Lingard take trip to Winter Wonderland after Cardiff win
Lingard took to social media to document their evening out on Sunday as the pair went on rides, through a rotating walkway and chilled out listening to a German...

マウリティオ・サッリ監督は、「チェルシーは本当の心理的問題を抱えているようだ」と発言している。

イタリア人監督は専門家を招きたくないが、彼のスタッフが 2週間の間に崇高なものから不愉快なものに変わってしまったチームの選手たちの心を覗くため、今週、外部からの支援を受けることを検討しているようだ。

スポンサーリンク

2週間前、チェルシーは以前は難攻不落だったマンチェスター・シティ FC に土を付けた。土曜日は、逆にチェルシーは FW ジェイミー・ヴァーディの決勝ゴールによって、サッリのスタンフォード・ブリッジでの最初の敗北を喫し、終始深い位置でプレーしていたレスター・シティ FC を破ることに失敗した。

シティがクリスタル・パレス FC に負けて、悪いニュースを埋め込むのは良い日だったが、サッリはそれを無視するわけにはいかないことを理解している。これはあまりにも長引きすぎている。

サッリは厳しいトレーニングで彼のサッカースタイルを敷くための良い基礎を作ったが、チェルシーは、昨年のアントニオ・コンテが率いていたシーズンよりも、シーズンのこの段階で 1ポイント勝点が悪化している。

移籍市場に目を向けるのではなく、サッリの最初の動きは、土曜日の夜に陥った選手たちのメンタリティ、そしてなぜ彼らがそんなに矛盾しているかを調べることだった。

引用元 Daily Mail Online、和訳者 cheren

画像出典元 Daily Mail Online

「それは容易ではないので、私は心理的な施策に誰も参加させたくない。」とサッリは語った。「私は 15年前にスポーツ心理学者を雇った。当時のクラブは準備ができておらず、イタリアではそれは本当に大変だった。

CB のアントニオ・リュディガーはとてもふさぎ込んでいた。「これは災害だ」と彼は言った。「私たちはタイトルについてこれ以上話さない。私たちがこれらのゲームに勝つことができなければ、競争に参加することはできない。多分それは精神性の欠如だ。それは愚かだ。」

引用元 Daily Mail Online、和訳者 cheren

画像出典元 Daily Mail Online

スポンサーリンク

今シーズンチェルシーが挙げたプレミアリーグでの 11勝が、彼らの大きな欠陥を覆い隠した。サッリのチームは、腐るほどあったチャンス、本当のクオリティを持ったストライカーがおらず、彼らの 2人のワールドクラスの選手が彼らの得意とするポジションでプレーできていないことを認めた。

FW エデン・アザールと MF エンゴロ・カンテはこの試合では違いを作ることができず、アザールのストライカー実験は途方もないものとなり、中盤のプランは総崩れし、MF ジョルジーニョは試合を 15分残してピッチを去った。

チェルシーは、FW ジエゴ・コスタが 18か月前に退団して以来、質の高いストライカーを必要としてきた。彼らは土曜日にアザール、そして DF マルコス・アロンソで二度決定的なチャンスを作った。それらのチャンスを確実にものにすれば、敗北は勝利に変わっていた。

それはレスターと彼らのフランス人監督くろーど・ピュエルにとって不公平だっただろう。彼はプレッシャーを感じており、すべてのプレイヤーが彼のアプローチを信じているわけではない。ヴァーディはこの試合の前夜に自チームの戦術を公然と批判していた。

引用元 Daily Mail Online、和訳者 cheren

 

画像出典元 Daily Mail Online

それから彼らは突然ゴールを作り出す。51分の決勝点を生み出すために、ヴァーディと MF ジェームズ・マディソンがタッグを組んだ。

ピュエルは次のようにコメントしている。「多くのゲームで、公正な結果が得られずに素晴らしい試合をプレイしたことがわかる。私たちは今日反応した。」

ボクシング・デーは別の深刻なテストをもたらし、レスターはホームでマンチェスター・シティを迎える。

チェルシー、今年 2月に 1-4 で敗戦し、コンテの暗黒の日の 1つのシーンとなったワトフォードへ向かう。

サッリは早急な解決策を必要としているか、あるいはロマン・アブラモビッチが過去 15年間にチェルシーのオーナーとして今までの監督を処断していたよりも、もっと忍耐力を発揮することを望んでいるはずだ。

引用元 Daily Mail Online、和訳者 cheren

 

コメント