マイケル・エッシェン、アザールのレアル・マドリードへの移籍を警告する

Chelsea

画像出典元 Express.co.uk

元チェルシーの MF マイケル・エッシェンがメディアのインタビューに対し、アザールが願望を明らかにしているレアル・マドリードへの移籍は、全てのプレイヤーの夢であると発言しているようです。

 

引用記事

Chelsea hero Michael Essien gives Eden Hazard to Real Madrid transfer warning - EXCLUSIVE
CHELSEA legend Michael Essien has warned that every player wants to turn out for Real Madrid.

チェルシーのレジェンド、マイケル・エッシェンは、すべてのプレイヤーがレアル・マドリードに参加したいと警告している。

FW エデン・アザールは、今シーズンブルーズで傑出したパフォーマンスを出している選手であり、ロス・ブランコスと繰り返しリンクされている。

スポンサーリンク

ブルーズはチェルシーが尊敬する選手を 1.5億ポンド(約210億円)を超えると評価しているが、エッシェンは彼の昔のチームメイトがラ・リーガで自分自身をテストしたいと思うかもしれないとほのめかした。

エッシェンは Express Sport に次のように語っている。

「アザールは世界で最高の選手の一人だ。

「彼はプレミアリーグで非常に良いプレーをしていて、現時点では素晴らしく見える。

「レアル・マドリードの興味について、私はメディアの人々から聞いているだけだ。

「しかし、レアル・マドリードが電話をかけてきたとき…すべてのプレイヤーが彼らのためにプレイしたいと思うだろう。

「ただ、彼はチェルシーに満足しているし、うまくいけば彼を守ることができる。」

アザールは、これまでにプレミアリーグとリーグ1 でプレーしたことがある。

しかし、エッシェンは、ベルギーのマエストロがスタンフォード・ブリッジで 7シーズンを過ごした後でも、スペインのトップクラスへの順応にも問題ないと主張している。

「プレミアリーグはタフなリーグだ。」と彼は付け加えた。

「様々な方法がある。プレミアリーグは、5つか 6つのクラブにタイトル獲得の可能性がある難しいリーグだ。

「ラ・リーガは、ほとんどが FC バルセロナかレアル・マドリードのが争うリーグだ。」

アザールは来年 1月で西ロンドンを去ることはまずないようだが、他の 3人のプレーヤーが自分の荷物を纏めている可能性がある。

MF ダニー・ドリンクウォーター、FW ビクター・モーゼス、DF アンドレアス・クリステンセンの全員が新年の旅立ちに直面している。

引用元 Express.co.uk、和訳者 cheren

 

画像出典元 Express.co.uk

モーゼスとドリンクウォーターは、それぞれクリスタル・パレス FC とフルハム FC にリンクされている。

Express Sport は、バルセロナがクリステンセンの稼働状況を綿密に監視していることを掴んでいる。

エッシェンは、この 3人がなぜ移りたいのかを理解しているとコメントしている。

「すべてのプレイヤーが試合に出たいんだ。」と彼は発言した。

「チェルシーは簡単に来れる場所ではなく、競争は非常に激しい。

「1日の終わりには、すべてのプレイヤーが働いていますが、出場させたい相手を選ぶのは監督だ。

「出場機会を得られないとフラストレーションが溜まるので、他の場所を見たいと思うだろう。

引用元 Express.co.uk、和訳者 cheren

スポンサーリンク

画像出典元 Express.co.uk

「それは本当に彼ら次第だが、彼らは働き続けなければならない。そして、それから皆は自分たちのチャンスを得る。」

チェルシーは、マウリツィオ・サッリが今夏に監督に就任したことを受けて、今シーズンの期待を超えた。

イタリア人指揮官は、現在ブルーズでトップ4 でシーズンを終えることを目指している。

エッシェンによると、59歳の指揮官は選手たちを横一列に見ていると言っている。

「サッリがチェルシーやってきて、準備の時間が殆どなかった」とエッシェンは説明している。

「彼はシーズン前に直行しなければならなかった。しかし彼は就任してから、何人かの良い選手を獲得した。

「彼らはとてもよくやっている。そして、サッリはどうやって選手たちにプレーして欲しいのかを伝え、皆彼のシステムに巻き込まれている。

「そう。彼はこれまで非常に優れていたし、うまくいけば彼らはシーズンの終わりまでそのように続けることができるだろう。」

引用元 Express.co.uk、和訳者 cheren

 

コメント