来年1月の移籍市場でチェルシーはどこが強化されるべきか?

Chelsea

画像出典元 Sports Courant

来年 1月の移籍ウィンドウ開始を目前に迎えるにあたり、とあるメディアがチェルシーで補強すべきポジションを改めてピックアップし、強化ポイントを整理しているようです。

 

引用記事

Where should Chelsea strengthen in January? | Sports Courant
No doubt, Maurizio Sarri has done a good job at Chelsea so far. Returning the club to a place of strength after struggling under Antonio Conte is no mean

間違いなく、マウリツィオ・サッリはこれまでチェルシーで良い仕事をしてきた。前任のアントニオ・コンテの下で苦闘した後、クラブを力のある場所に戻すことは立派なことだ。しかし、競争はますます厳しくなっている。

これは、国内でも大陸でも、チームが同時並行するいくつかの大会でトロフィーを求めて戦っているときには特に顕著となる。

引用元 Sports Courant、和訳者 cheren

スポンサーリンク

アップデートするときが来た

画像出典元 Sports Courant

あらゆる大会で強く競争し、勝利を勝ち取ることを期待するには、サッリはチェルシーの弱い部分を支える必要があるだろう。クラブがタイトルに挑戦することを目的としているため、イタリア人監督にはブルーズのトップ4 への返咲が求められている。

チェルシーは、直近のホームで行われたレスター・シティ戦での敗北により、リーグ首位をひた走るリバプール FC に勝点 11ポイント差をつけられているが、マウリツィオ・サッリはまだプレミアリーグのタイトル獲得のために戦う計画を持っている可能性が高い。しかし、彼がそれを成すためには、チームをアップグレードする必要があるだろう。

リバプールのユルゲン・クロップは、チームを強化するために 2018年に行われた契約により加入したトップクラスの選手の恩恵を受けている。

レッズは、昨シーズン大成功を収め、ヨーロッパ最大の賞を獲得することに近づいた。しかし、GK ロリス・カリウスがミスを繰り返したことにより、レアル・マドリードに 1-3 で敗れ、ビッグイヤーの栄冠を逃した。

しかし、ドイツ人戦術家は教訓を学び、すぐにより良い代わりとなる選手の確保に取り掛かった。それはブラジルの No.1 GK、アリソン・ベッカーという形で顕れた。中盤では、MF ナビ・ケイタと MF ファビーニョが、スイス代表の MF ジェルダン・シャチリと同様にチームの質を高めた。

しかし、最大の補強は間違いなくディフェンスの中央である。DF フィルジル・ファン・ダイクは、クラブにとって心に強く訴えるものがあり、MF ジョーダン・ヘンダーソンと MF ジェイムズ・ミルナーを支える第 3 キャプテンとして選手たちの推薦を受けている。

オランダ代表は、所属クラブと国が大きなことを成し遂げるのに主導的な役割を果たしており、自身のキャリアの最も良い年を過ごしている。チェルシーのサッリがブルーズの銀製品の獲得に導くことを目指していることから、リバプールで目撃された変革はサッリのインスピレーションとして役立つはずだ。

現時点では、チームは明らかに攻撃力に欠けており、FW エデン・アザールの双肩にはゴールを決める責任が重くのしかかっている。

チームがトップ 4 の地位に縋り付く限りでは、ベルギー人はチームのパフォーマンスにおいて重要な役割を果たしてきたが、それは現時点でも十分ではないし、今後タイトルレースでチェルシーを押し上げるのにも絶対的に不十分だ。

アザールは、今シーズンのプレミアリーグで 8つのゴールをマークしており、クラブの得点ランキングのトップに居る。

ストライカーの FW アルバロ・モラタと FW オリビエ・ジルーは、両選手ともに公式戦で 5ゴールを獲得している。ジルーは、プレミアリーグでは 1回だけネットを揺らしている。

引用元 Sports Courant、和訳者 cheren

スポンサーリンク

悪い兆し

画像出典元 Sports Courant

チームとして、チェルシーは今シーズンのトップ5 の中でゴール数が最も少ない。

これまでの 18試合で 34得点の 6位マンチェスター・ユナイテッド FC より 1点だけ多いゴール数のチェルシーには、トップクラスのストライカーや多目的なゴールスコアラーがスタンフォード・ブリッジでの時間に必要であるということが明確である。

インテルの FW マウロ・イカルディ、LOSC リールの FW ニコラ・ペペ、FC ナントのエミリアーノ・サラ、あるいはその他の得点を挙げたストライカーは、西ロンドンのクラブで空いている隙間を埋めることができる。

しかし、通常、1月の移籍ウィンドウでそのような取引を確保するのはとても困難である。この場合、クラブはアストン・ヴィラ FC でレンタル中の FW タミー・アブラハムを取り戻すとうまくいくだろう。

21歳の選手は、英 2 部チャンピオンシップのクラブで調子の良さを見せている。チャンピオンシップの 17試合で 13ゴールをマークしている彼は、親クラブが必要とする解決策になるかもしれない。

引用元 Sports Courant、和訳者 cheren

 

コメント