チェルシー、1月にイグアイン、フェキル、ヴァーディの入札を検討している

Chelsea

画像出典元 GiveMeSport

今シーズンのチェルシーのウィークポイントとして周知の事実である FW の陣容について、まもなく開かれる冬の移籍ウィンドウで獲得が噂される 4人のストライカーについてメディアが取り上げているようです。

 

 

引用記事

Chelsea have four players in mind as Sarri looks to fix striker situation in January [DT]
All will be an upgrade on their current options

チェルシーがフォワードの位置に問題が抱えていることは周知の事実である。

FW アルバロ・モラタが今後何年もの間、この役割を担う選手になることを期待されていたが、有望なスタートを切ったにもかかわらず彼はクラブで期待に応えることができなかった。

スポンサーリンク

スペイン人ストライカーは、彼はチームでの恒久的な役割に落ち着くことに失敗したようであり、これまでのところ今シーズン 21試合に出場して 7ゴールしかマークできていない。

モラタを除くと、チェルシーには同じく青いシャツで有望に見えるが期待にうまく応えられていない FW オリビエ・ジルーしかいない。

マウリツィオ・サッリは、顕著な問題に対処するために FW エデン・アザールを偽9番して起用してきたが、彼は恒久的な解決策ではない。

最近、ベルギー人は、ウィンガーとしてプレーしているときが一番快適だということを認めている、。

「私のポジションはウィンガーだ。私はウィンガーとしてより良く感じるが、ワトフォードとブライトンに対してはストライカーとしてうまくプレーした。」とアザールは The Telegraph に対してコメントした。

「ストライカーとしてはうまくいったので、監督は私をどこに投入するかを決め、それから自分の最善を尽くす。」

それで、1月の移籍ウィンドウが開いたとき、チェルシー攻撃の選択肢の強化を試みるのだろうか?

The Telegraph の Matt Law によると、彼らは市場に参入する可能性が高いようだ。

引用元 GiveMeSport、和訳者 cheren

画像出典元 GiveMeSport

 

そして Law は、彼らが 4人の名前をターゲットとして挙げていると主張している。

1人目は、サッリの SSC ナポリ時代の教え子だった FW ゴンサロ・イグアインである。

アルゼンチン人ストライカーは、ゴールマシンとしてのキャリアを過ごしてきた。しかし、31歳でピークを過ぎたと主張する動きがあるかもしれない。

イグアインだけでなく、チェルシーはオリンピック・リヨンの FW ナビル・フェキル、AFC ボーンマスの FW カラム・ウィルソン、そしてレスター・シティ FC の FW ジェイミー・ヴァーディの獲得を検討しているという。

イグアインのように、ヴァーディはプレミアリーグで常にゴールを決めてきた。しかし、彼は来月で 32歳になる。

ウィルソンの全盛期はまだ先にある。しかし、彼は今年トップストライカーとして浮上しただけだ。

引用元 GiveMeSport、和訳者 cheren

スポンサーリンク

画像出典元 GiveMeSport

 

そして、偽9番がチェルシーにもっと手を貸すことができるように、フェキルはもっと活用されるだろう。

最も可能性の高い署名は、おそらくイグアインとなるだろう。サッリは今週初めに彼について前向きに話をしている。

今月初めにイグアインについて尋ねられたとき、サッリは The Goal に向かって発言した。

「私は彼が大好きだ。彼は素晴らしい選手だ。でも私は、イグアインについては話したくない。

「現時点では 2人半のストライカーがいる。イグアインはミラノでプレーしている。」

4人のうち、チェルシーはどのプレイヤーのサインを希望するだろうか。

引用元 GiveMeSport、和訳者 cheren

 

コメント