ハーグリーブス、チェルシーが「次のレベル」に進むためには1月の補強が必要だと語る

Chelsea

画像出典元 Express.co.uk

現解説者のオーウェン・ハーグリーブスは、チェルシーが今のレベルから更に次へ進化するためには、1月の移籍ウィンドウを使って 9番の適性を持つストライカーの補強が必要だと地元メディアで語ったようです。

 

引用記事

Chelsea news: Blues told they need THIS transfer in January to go to the ‘next level’
CHELSEA can go “to that next level” by signing a recognised striker to be able to move Eden Hazard back out wide again.

チェルシーは、認識されているストライカーに署名して、FW エデン・アザールを再び大きく引き戻すことで、「次のレベルへ」進むことができる。

それがオーウェン・ハーグリーヴスの意見である。

スポンサーリンク

ベルギー代表 FW は、ボクシング・デーに行われたプレミアリーグでワトフォード FC に 2-1 で勝利した試合で、FW アルバロ・モラタを欠いた状態で偽9番としてプレーしたアザールが 2ゴールを達成した。

SSC ナポリ時代のサッリが当時の FW ドリース・メルテンスを純然たる 9番として起用したようにアザールを好んで起用していることから、仲間のストライカー FW オリビエ・ジルーもまた、出場時間の確保に苦労している。

ブルーズは、スタンフォード・ブリッジでディフェンディング・チャンピオンのマンチェスター・シティ FC を撃破したにもかかわらず、11月末以降に 3敗を喫し首位のリバプール FC に勝点 11 離された状態であり、タイトルの挑戦権を失ってしまったように見えている。

しかし、現在リーグ 4位にいるチェルシーは、昨シーズン逃してしまったチャンピオンズ・リーグへの復帰への道をうまく探ろうとしている。

マンチェスター・ユナイテッド FC がチェルシーから勝点 8 少ない状態で、ロンドンのライバルであるアーセナル FC は、現在トップ4 に最も近い挑戦者であり、19試合でチェルシーから勝点わずか 2差につけている。

しかし、サッリの就任後、シーズン開始当初から全大会で 19試合無敗を維持し、いくつかの魅力的で攻撃的なサッカーを展開していたものの、ハーグリーブスは、彼らが「予定より早い」と考えており、来シーズンのタイトルチャレンジへの期待を強めるためには、彼らの総力を挙げてトップクラスの CF を獲得しなければならないと発言した。

ハーグリーブスは、プレミアリーグプロダクションに次のように語っている。「彼らは予定より早く、指揮官を変更し、超防御的であったコンテのときから哲学を抜本的に変更した。

「今、彼らはこれまでと真逆の道を進んでいる。哲学の変化を考えると、私はそれらが『予定より早い』状態だと思う。

「認識された 9番が居ない状態で、更に推し進めるために彼らが 9番のクオリティを持った選手を追加できれば。彼らはまだマンチェスター・シティと競争するつもりはない。

「だが、彼らは青写真を手に入れている。そして彼らが 9番を手に入れたなら、その 9番の選手はチェルシーを次のレベルへ連れて行くことができるだろう。」

しかし、解説者アンディー・タウンセンドは、チェルシーの左サイドのディフェンスと、DF マルコス・アロンソと DF ダヴィド・ルイスとの間のチャネルについて、特にトッテナム・ホットスパー FC が先月優位に立ったことについて疑問を投げかけた。

スポンサーリンク

彼が以下のように追加している。

「私が思うに、アロンソとダヴィド・ルイスの間では、最善に対してまだ十分ではない。

「MF ジョルジーニョが中盤の底に陣取り、ボールのホールダー、プロテクタープロテクターになったとしてもまだ絶対的なベストではなく、チェルシーがベストを勝ち取るためにはそれほどダイナミックではないだろう。

その間、FW エデン・アザールは、今冬のレアル・マドリードへの移籍について全ての噂を否定し、封印した。

チェルシーのタリスマンは、長い間サンチャゴ・ベルナベウへの大金の移動とロンドンでの彼の契約の間で揺れていたが、彼はシーズンの終わりまでサッリのチームに専念すると主張してきた。

彼はこう発言している。「私はピッチに集中している。 シーズンの終わりにまた考える。」

引用元 Express.co.uk、和訳者 cheren

 

コメント