ジャンフランコ・ゾラ、FWモラタにストライカーとしての重圧に慣れるよう警告する

Chelsea

画像出典元 Daily Mail Online

FA カップ 3回戦のノッティンガム・フォレスト FC との対戦を控えたチェルシーの記者会見で、助監督のジャンフランコ・ゾラが FW アルバロ・モラタに対してチェルシーの前線を引っ張るストライカーにかかる重いプレッシャーに慣れるよう警告したようです。

 

引用記事

Zola tells Morata he must learn to cope with pressure at Chelsea
Gianfranco Zola has warned Alvaro Morata he must get used to the pressure of leading the Chelsea attack if he is to have a future at the club. He has scored jus...

ジャンフランコ・ゾラは、FW アルバロ・モラタに対してクラブで未来を築くためにはチェルシーの攻撃をリードするプレッシャーに慣れなければならないと警告した。

スポンサーリンク

モラタは今シーズン、出場した 30試合でわずか 7得点しかマークできておらず、信頼の危機に晒され苦しんでいる。

ストライカーは、スタンフォード・ブリッジでのプレッシャーから身を護る一つの方法として、今シーズン彼が心理学者のカウンセリングを受けていることを明らかにしている。

しかし、助監督のゾラは、彼がトップクラブに所属していることを証明するためには、期待の重圧に慣れる必要があると考えている。

モラタの攻撃陣を先導する困難さを理解しているかどうかインタビューで尋ねられたとき、イタリア人は以下のように応えた。

「いや、それはやる気を起こさせるものでなければならない。

「彼はチェルシーにいる。しかし、失礼ながらサウサンプトン FC やブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン FC 戦でプレーしていない。

「ファンやサポーター、彼らはチェルシーの 9番から多くのことを期待している。彼らはたくさんのゴールと素晴らしいパフォーマンスを期待している。これは正常であり、アルバロはそれに慣れる必要がある。

「もし彼が他のビッグ・クラブに行っても、その結果は変わらないだろう。モラタは自分の責任を回避することはできない。それはモラタの仕事の一部だ。」

今日(土曜日)の FA カップ 3回戦のノッティンガム・フォレスト FC との対戦で、マウリツィオ・サッリは今シーズンの酷いゴール数を増やす機会を提供するため、モラタにフォワードとして先発出場するチャンスを与えるだろう。

しかしゾラは、今シーズンの当初にサッリが夢中になったフォワードにモラタがなるためには、選手としての自信以外にも改善しなければならないものがあることを示唆した。

「技術的にはモラタ、そしてこれが私たちが今シーズン彼に多くの投資を行ってきた理由だ。私たちは、彼がチェルシーにとって完璧な 9番だと思っていた。マウリツィオは常にそう言っている。」とブルーズの選手として FA カップを 2回手にしたゾラはコメントした。

「彼が十分にゴールを決められていないと感じ、そして彼がそれに関して多くの責任を感じていることを理解している。

「彼はすべてを放り捨てることを学ぶ必要がある。」

スポンサーリンク

この試合では、モラタと一緒に先発出場する可能性のある 2人の選手がスタンフォード・ブリッジに別れを告げるかもしれない。

クラブキャプテンの DF ガリー・ケーヒルと MF セスク・ファブレガスは、それぞれフルハム FC と AS モナコへの移籍契約が締結される見込みである。

「ガリーは傑出している」とゾラは付け加えた。

「彼の移籍が私たちにとって大きな損失になることは間違いないが、それは彼にとっては良い動きかもしれない。」

引用元 Daily Mail Online、和訳者 cheren

 

コメント