ジャンフランコ・ゾラ、バイエルン・ミュンヘンのFWハドソン=オドイへの興味を認める

Chelsea

画像出典元 Squawka Football

チェルシー助監督のジャンフランコ・ゾラは、地元メディア BBC Sport を通じてバイエルン・ミュンヘンが FW カラム・ハドソン=オドイの獲得に関心を持っていることを語ったようです。

 

引用記事

Zola confirms Bayern interest in Chelsea winger Callum Hudson-Odoi
Chelsea assistant manager Gianfranco Zola has confirmed Bayern Munich’s interest in the club’s talented winger Callum Hudson-Odoi.

チェルシーの助監督ジャンフランコ・ゾラは、ブンデスリーガのバイエルン・ミュンヘンが、チェルシーの将来有望なウィンガーである FW カラム・ハドソン=オドイに関心を持っていることを確認した。

同じくブンデスリーガのボルシア・ドルトムントから FW クリスチャン・プリシッチの到着が明らかとなったことで、ハドソン=オドイが間もなく出発するという報道があった。

引用元 Squawka Football、和訳者 cheren

スポンサーリンク

ハドソン=オドイは果たしてドイツに旅立つのだろうか?

その背景は以下の 4つに纏められる。

  1. カラム・ハドソン=オドイは、チェルシーのユースシステムを通じて登場する最もエキサイティングな若手選手の一人であると考えられている。
  2. だが、この 18歳の選手は、今シーズンのプレミアリーグの公式戦にわずか 42分しか出場していない。
  3. 以前、チェルシー指揮官マウリツィオ・サッリは、ハドソン=オドイについて改善の必要があると語っていた。
  4. バイエルン・ミュンヘンは、このウィンガーに 3000万ポンド(約41.4億円)を入札したと伝えられている。

 

チェルシーで 290試合に出場し、70得点を記録した稀代のファンタジスタ、レジェンドのゾラは、現ブンデスリーガ・チャンピオンから興味を持たれていることを確認しているが、クラブはまだ若いイギリス人がスタンフォード・ブリッジに残留することを望んでいる。

「私たちはかなり長い間契約を提案してきた。そして私たちは待っている」と BBC Sport を通してゾラはコメントした。

「私たちは確かに彼をプレイヤーとして評価している。それは忍耐についてだ。彼は、私たちと明るい未来を共有していると信じている。」

ゾラ助監督は、「バイエルンが彼に非常に興味を持っていることは把握しているが、私たちも彼に興味を持っている。」と付け加えた。

引用元 Squawka Football、和訳者 cheren

 

ハドソン=オドイは「忍耐」を必要としている

バイエルンが彼らのオファーを突然持ち出したことで、彼らがハドソン=オドイをドイツに連れて行くという意図を明らかにした。

この試みは、今シーズンのサッリ新監督の下でファースト・チームでの出場機会に飢えていることに不満を募らせてきたかもしれない若者に気付かれずに終わるということはないだろう。

スポンサーリンク

しかし、ゾラはチェルシーのウィンガーに対して、スターティング・イレブン以外の時間は「時間の無駄ではない」し、「より良い時間を得ることができる」と述べた。

「私は、彼が望むほどの出場機会を与えられてていないことを理解しているが、これは彼の前にいる選手の質にかかっている」と 52 歳のゾラは付け加えた。

「それは忍耐についてだ。彼は私たちと明るい未来を持っていると信じているが、彼は今、彼自信にとって、毎日良くなることが重要であることを学ばなければならないだろう。」

引用元 Squawka Football、和訳者 cheren

 

コメント