FWプリシッチはチェルシーをプレミアリーグの次のレベルに引き上げる

Chelsea

画像出典元 Media Referee

ドルトムントから FW クリスチャン・プリシッチがチェルシーに加入しましたが、実質的な稼働は 2019/20 シーズンからとなります。プリシッチの加入が FW エデン・アザールの代替要員であることを予想しているファンも居るようですが、とある地元メディアはプリシッチはアザールの置換えではなく、アザールやウィリアン、ペドロと同列に置いてプレーさせることでその真価を発揮させるだろうと予想しています。

 

引用記事

Christian Pulisic can take Chelsea to the next level in the Premier League
According to the Guardian, Chelsea have complemented the signing of Borussia Dortmund and United States winger Christian Pulisic for a fee of £58 millio

サッリのチェルシーは、5800万ポンド(約80億円)のスターにサインすることで大きな問題を解決した。そして、彼がチェルシーを次のレベルに引き上げることができる理由はここにある。

The Guardian によると、チェルシーは 5800万ポンド(約80億円)の移籍金でボルシア・ドルトムントからアメリカ代表ウィンガーのクリスチャン・プリシッチを獲得した。

スポンサーリンク

20歳の選手は、シーズンの残りの間ドルトムントにレンタルされ、2019-20 シーズンの初めにチェルシーに加入する。

ドルトムントでヨーロッパで最も人気のある若手プレイヤーの一人に成長したプリシッチは、18ヶ月で期限切れとなる彼の現在の契約の更新を拒否し、チェルシーが有利なオファーを出して来たときドイツのクラブは抵抗できなかった。

ブルーズは、いくつかのトップクラブからの興味の中でヨーロッパで最高の若い才能のうちの 1人を獲得することができた。プリシッチの契約は、世界中のすべてのチェルシーファンにうれしい驚きとなるべきだ。プリシッチのような選手が、プレミアリーグだけでなく、チャンピオンズ・リーグでも、やがてクラブをより高いレベルに引き上げることができるのは当然のことだ。

画像引用元 Media Referee、和訳者 cheren

画像出典元 Media Referee

まあ、プリシッチの署名について、それを意味すると信じる人たちは、チェルシーが FW エデン・アザールの居ない生活の準備をしているとして、妄想の状態にある。

正直なところ、プリシッチのような選手はアザールの代わりになることはできない。

FW ナビル・フェキルは、その点ではより良い買物になるだろうが、プリシッチのような選手は、彼の価値をアザールの代わりとしてではなく、自身のスキルのレパートリーであると宣言している。

ここで大きな問題は、クリステンセン・プリシッチのようなプレイヤーが、現在のチェルシーに何をもたらすことができるかということだ。今シーズンのプレミアリーグ 20試合をまだ消化していなければ、ファイナル・サードでブルーズが創造性を欠いていることをロケット科学者に理解させる必要はない。

サッリの管理の行き届いたポゼッションベースのフットボールは、チェルシーが中盤での成り行きを支配することを可能にしたが、ファイナル・サードでの彼らのチャンスの創造については、望まれるべき多くを残した。それがまさにプリシッチのようなプレイヤーがその購入に合致するところである。彼はウィンガーと呼ばれてきたが、アメリカ人は想像力の広さからしても純然たるウィンガーではない。彼は相手ディフェンスに大混乱を引き起こすペースを持っているわけではなく、シーズン中に 20ゴールを達成できるようなゴールマシンになることもできない。

画像引用元 Media Referee、和訳者 cheren

画像出典元 Media Referee

しかし、彼は優れたテクニックに恵まれていて、彼のような若い年齢では見ることができないクレバーなサッカーマインドを誇る選手である。彼は機敏さ、切れ味、視力、完璧なパス、そして戦術的な意識によって、瞬撃的なペースの欠如を補う。

スポンサーリンク

プリシッチはラインの間でプレーし、フルバックとセンターバックの間のハーフスペースを活用するのを好む。若手プレーヤーは、チャンスを生み出すためにファイナル・サードでチャンネルを操作する方法を正確に知っていて、短くて正確なパスで探り続けている。チェルシーが興奮すべきであるもう一つは、彼の機敏なフットワークとボールからの動きで相手のポジションからディフェンダーを釣り出す彼の能力、サッリのシステムのために必要不可欠な特性である。

直接的で個性的なフットボールをするのが好きなウィンガーは、マウリツィオ・サッリの下では恐らく勝ることはできない。それどころか、プリシッチは自分の足でボールを維持したいと考えている選手であり、彼のバランスのとれたゲームでファイナル・サードでその創造性を刺激することができる。

画像引用元 Media Referee、和訳者 cheren

画像出典元 Media Referee

プリシッチは、チームにそれほど多くのゴールをもたらすわけではないかもしれないが、アザール、FW ウィリアン、FW ペドロのような選手とタンデムを組むことで、より多くのチャンスを生み出すことができる。

言い換えれば、ストライカーの後ろの穴を効果的に塞ぐことができるプリシッチの能力は、チェルシーの攻撃を良い世界にすることができる。ブルーズには相手側バイタルエリアに頻繁に侵入するためにファイナル・サードでもっと鋭いパスが必要であり、プリシッチの存在は確かにその点で彼らを助けるだろう。

しかし、ここで留意すべきことは、チェルシーが銀製品に挑戦するためには将来的にもゴールを量産する CF が必要であるということだ。

高評価のクリスチャン・プリシッチの加入は正しい方向への一歩であり、間違いなく刃を追加する。チェルシーのかなり鈍い攻撃には実質的だが、ブルーズが国内とヨーロッパの両方の面で強大な勢力としての地位を確立するためには、長期的なモラタの代わりとなる選手が依然として必要である。

画像引用元 Media Referee、和訳者 cheren

 

コメント