新たなアルゼンチン人MFはチェルシーに何をもたらすのか

Chelsea

画像出典元 The 4th Official

今冬の移籍ウィンドウでチェルシーとの契約完了間近と噂されている FC ゼニト・サンクトペテルブルクのアルゼンチン人 MF レアンドロ・パレデスについて、とあるメディアが彼がチェルシーに加入することでどのような効果があるかを予想しているようです。

 

引用記事

Chelsea Closing In On This Argentine Midfielder: What Will He Bring To Stamford Bridge? - The 4th Official
According to a recent report by Sky Sports, Chelsea are inching closer towards sealing a move for Leandro Paredes from Zenit St. Petersburg during this January ...

Sky Sports からの最近の報告によると、チェルシーはこの 1月の移転期間中に FC ゼニト・サンクトペテルブルクから MF レアンドロ・パレデスの獲得の動きに判を押す方向に近づいている。同レポートによると、MF セスク・ファブレガスは現在、AS モナコへの移籍を控えているが、スタンフォード・ブリッジへのパレデスの加入が完了するまで延期されているという。

スポンサーリンク

今シーズンの過程で、24歳の選手はロシア・プレミアリーグのゼニトでしっかりとしたパフォーマンスを発揮している。2017年の夏に AS ローマからゼニトに到着した後、彼はセルゲイ・セマク監督率いるファースト・チームでスターターとしての地位を確立した。

パレデスは、現在のゼニトの中盤のアンカーとしての彼のパフォーマンスが注目されている。だからこそ、チェルシーのようなエリートクラブが今月彼を獲得しようとしているのは当然のことと言える。

今シーズン、パレデスはロシアのチームとして 22試合に出場し、全大会で 4ゴール、4アシストを記録している。彼はまた、アルゼンチン代表チームの一員として 9キャップを獲得しており、1ゴールをマークした。

引用元 The 4th Official、和訳者 cheren

画像出典元 The 4th Official

アルゼンチンの才能は、セスク・ファブレガスの代替となり得るものをもたらすように見えるため、マウリツィオ・サッリにとってチームの素晴らしい選択肢となる。

しかしながらゼニト MF は、サッリのファースト・チームのスターティング・イレブンで活躍するためには、いずれも先発出場が保証されている MF エンゴロ・カンテと MF ジョルジーニョの 2人と競うことに気付いている必要がある。それゆえ、ピッチでもっと頻繁にプレーしたいと思うのなら、プレイヤーはゼニトに残留するのが得策である。

しかし、チェルシーのようなトップクラブに移籍する機会は、彼が断るのにはあまりにも魅力的に感じるかもしれない。パレデスの加入は、間違いなく西ロンドンでサッリの中盤のオプションを強化するだろう。アルゼンチン人は、ワールドサッカーの中で最高の守備的 MF の 1人とみなすことができるので、プレミアリーグへのステップは、彼が自身の才能を世界に披露するための素晴らしい機会になるかもしれない。

スポンサーリンク

その上、アルゼンチン人は相手ディフェンスを分断するパスの出しどころを判断する視野を鍛えており、また彼の足でボールを運ぶ優れたドリブラーでもある。

そのため、サッリのサポーターは、パレデスが今後数日以内にロンドンに引っ越す決断を下した場合、彼がチェルシーでゴールやアシストを決めることを期待することができる。

引用元 The 4th Official、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました