リュディガー、アロンソ、ランパードがハドソン=オドイにチェルシーへ留まるよう勧める

Chelsea
Callum Hudson-Odoi of Chelsea during the UEFA Europa League Group L match between Chelsea and PAOK at Stamford Bridge on November 29, 2018 in London, United Kingdom. (Photo by Nicolas Economou/NurPhoto via Getty Images)

画像出典元 We Ain’t Got No History

バイエルン・ミュンヘンが MF カラム・ハドソン=オドイに対してタンパリングを働いたと噂になっていますが、そんな情勢下でチェルシーのチームメイトやフランク・ランパードがハドソン=オドイに対してチェルシーに留まるようアドバイスを送っているようです。

 

引用記事

Rüdiger, Alonso, Lampard advise Hudson-Odoi to stay as Chelsea investigate tapping-up from Bayern
Blues not going down without a fight

FIFA のタンパリング規則は、より一般的なプレミアリーグの規則よりも厳格ではないため、バイエルン・ミュンヘンのスポーツディレクター、ハサン・サリハミジッチのパブリックコメントは、技術的にはそのカテゴリには該当しない。だがチェルシーは、たとえ彼らが法律条文よりもむしろ法の精神によって絶対にそれをしているとしても、それでも MF カラム・ハドソン=オドイに対するバイエルン・ミュンヘンの違法なアプローチの証拠を調べている(そして FIFA に報告する)。

スポンサーリンク

それが The Mail の Matt Barlow がもたらしたストーリーであり、チェルシーがこの事件において戦わずして引き下がらないという意図を強調している。他の非常に有望な見込み客に先立って、そのうち何人かが予想どおり解雇されるかもしれない。しかし、この最新の窮地に入ったので、最善の結果を達成するためにあらゆることをしているように見える。

引用元 We Ain’t Got No History、和訳者 cheren

チェルシーは、10代のワンダーキッド MF カラム・ハドソン=オドイのタンパリングについて、バイエルン・ミュンヘンを FIFA に報告するかもしれない。

引用元 Twitter、和訳者 cheren

 

そして、ハドソン=オドイにクラブへ留まるよう説得するために懸命に働いているのは、チェルシーの管理者層だけではない。それは、彼のチームメイトであり、加えて数年以内にブルーズでマネジメントを始める時、おそらく十分に成長したハドソン=オドイを是非とも擁したいと考えるクラブのレジェンドである。

MF セスク・ファブレガスは既に彼との別れについて賞賛とアドバイスをしている。今、DF マルコス・アロンソと DF アントニオ・リュディガーは、ミュンヘンではチェルシーよりも芝生が青いと考えるのではなく、ユース時代に過ごしたクラブに留まるようにカラムに促した。

「彼は良い選手だが、まだとても若い。彼は忍耐力を持ち、ハングリーになり、このチームの一員になるために戦う必要がある。それが彼がやるべき全てだ。彼は素晴らしいプレイヤーになるための全ての条件を持っている。今ここでポジションのために戦うか、出場機会をもっと得るために他の場所で探すことを試みるのは彼次第だ。

「バイエルン・ミュンヘン? 私たちはチェルシー、別の素晴らしいチームだ。プレミアリーグは世界で最も競争の激しいリーグだ。なぜバイエルン・ミュンヘンに行くのか分からない。」

– マルコス・アロンソ、出典:Independent

 

ドイツ生まれのリュディガーは、そこまでバイエルンについて語るつもりはなかったが、それでも彼はチェルシーへ留まることを望んでいることをハドソン=オドイに明らかにした。

「彼はドイツについて私に尋ねました。私は彼にアドバイスを送ることはできるが、最終的に決断するのは自分自身だ。それを両方の側面から見ることができる。彼はここで成長することができるが、ドイツでも成長することが可能だ。そして、バイエルン・ミュンヘンも大きなクラブであることを忘れてはいけない。彼の将来のために全力を尽くしたいが、彼が私たちと一緒にいることを願っている。」

– アントニオ・リュディガー、出典:The Mail

スポンサーリンク

そしてフランク・ランパードは、それをチェルシーファンとして、そしておそらく将来のチェルシー指揮官としても望んでいる。

「素晴らしい才能を持つファースト・チームで出場の取っ掛かりを得た 18歳の若いイングランド人選手は、チームに留まってチェルシーやイングランド代表にとって大きな選手になるだろうと思う。チェルシーの近くにいるので、彼にそこに居て欲しい。チェルシーは素晴らしいクラブ、素敵なクラブだ。

「彼はそこに留まり、チームでプレーするチャンスを得るために一生懸命努力する必要がある。彼は最近それを成し遂げ、試合に出場するチャンスを得た。そして、最近の 2、3 試合でとても良いプレーを見せた。

うまくいけば、多分私たちは彼のプレーをもっと見ることができるだろう。それが彼にとって大きなチャンスだと思う。  しかし、チェルシーの考え、カラムの考え、他のクラブからの関心については、それは彼らが整理することだ。」

– フランク・ランパード、出典:Mirror

 

ボールはハドソン=オドイの側にある。

引用元 We Ain’t Got No History、和訳者 cheren

 

コメント