サッリ、かつてのチェルシー指揮官と同じくアザールにウィングの守備的責務を課すか

Chelsea

画像出典元 We Ain’t Got No History

偽9番として先日のニューカッスル・ユナイテッド FC 戦に出場し、この試合で FW ウィリアンのアシストを決めて自身初のプレミアリーグ二桁得点・二桁アシストを記録した FW エデン・アザールについて、サッリ監督はこの数試合で失点を防げている理由の 1つにアザールの役割が大きいと述べているようです。

 

引用記事

https://weaintgotnohistory.sbnation.com/2019/1/14/18181813/sarri-joins-conte-mourinho-in-realizing-hazard-is-a-defensive-liability-on-the-wing

モウリーニョは彼の後ろに最も封鎖できる力を持つフルバックを置いた。コンテはフォーメーションを完全に変えた。さて、サッリは単に彼をそのポジションから動かして真ん中に据えた。そこでは、彼はなんの防御的責任もなく自分に与えられたフリーロールを真剣に楽しんでいる。

スポンサーリンク

3つの方法はすべて 1つのことを目指していた。完全にバランスを崩すことなく、FW エデン・アザールに最大限の自由を与えること、そしてさらに悪いことに、対戦相手に風穴を開けること。

これはサッリの「楽しい」フットボールのストーリーに正確には一致しないものだ。功績のために行っている FW カラム・ハドソン=オドイや FW ルーベン・ロフタス=チークのようなディフェンスフェーズでの改善に対するサッリのいつもの主張もあてはまらない。しかし、チェルシーがニューカッスル・ユナイテッド FC 戦に 2-1 で勝利した後の記者会見でのコメントで、指揮官はかなり明らかだった。

「私は 3人の小さなプレイヤーで解決策を見たかった。私たちはアタッキング・フェーズではそれほど危険ではなく、ディフェンシブ・フェーズではよりバランスが取れていたので、現時点ではとても良い解決策であると思う。直近 6試合では 3つのゴールしか許さず、うち 1つはペナルティによるものだった。現時点においては、ディフェンシブ・フェーズでは私たちは非常にうまくいっていると思う。私が考える理由の 1つは、エデンがその立場でプレーしていることだ。」

– マウリツィオ・サッリ 出典:The Goal

 

それは、プレイヤーの個々のニーズよりも先にあるチームのニーズについてである。 10〜15年前、かつての指揮官ジョゼ・モウリーニョのもとでの自身の状況について話すとき、ジョー・コールは最近の BT Sport スタジオの外観でこのパラダイムを非常によく反映した。

引用元 We Ain’t Got No History、和訳者 cheren

数分かけてジョー・コールを思い出して欲しい。#PLTonight に関する魅力的な誠実さ、洞察力、そして開放性。あと 30分かかったら…

引用元 Twitter、和訳者 cheren

 

もちろん、Joey と同じように、これは学習のプロセスである。ディフェンシブ・フェーズは改善されるかもしれない。しかし、アタッキング・フェーズでは、実際のカットや推力が不足し続けている。サッリはこの事態を改善できる 1つの方法を知っているが、結局のところ、ゲームプランを実行するのはプレイヤー次第である。

スポンサーリンク

「私たちはスペースを攻撃すること、または他のプレイヤーと一緒にボックスを攻撃することを学ぶ必要がある。今日は、ボックスへの攻撃より他のウィンガーとスペースを攻撃することが良かった。試合開始 10分、FW ペドロがラインの後ろのスペースを攻撃して決めた。

「後半の初めの出来事をとてもよく覚えている。私たちはウィリアンと同じ状況を持っていた。だから今は良くなっているが、ボールがボックスから出ているとき、私たちはボックスを攻撃する方法を改善する必要がある。ボールが外に出ると、エデンが箱の中にとどまることは不可能になる。」

– マウリツィオ・サッリ 出典:The Goal

 

賢明な人からは、フットボールはスペースを利用して制御するゲームであるとよく言われる。チェルシーは後者に関してまともな仕事をしており、シーズンの早い段階で非常に脆弱な状態となっていたサイドの問題の多くを修正した(たとえ相手チームがしばしばそれを妨害していたとしても)。しかし今、チェルシーはボールを持っているときにもスペースを活用することでより良くなる必要があります。それを慣習的に回さないようにしましょう。

引用元 We Ain’t Got No History、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました