チェルシー、元所属DFナタン・アケの買い戻しに興味

Chelsea

画像出典元 Shoot

現在開催中の冬季移籍ウィンドウで、元チェルシー出身の AFC ボーンマス DF ナタン・アケの買い戻しをチェルシーが計画していると地元メディアが報じているようです。

 

引用記事

Chelsea could make £40million move to bring back former defender | Shoot
Chelsea are interested in bringing Bournemouth defender Nathan Ake back to Stamford Bridge in a £40million move, according to The Sun. The Netherlands internati...

The Sun によると、チェルシーは AFC ボーンマスの DF ナタン・アケを 4000万ポンド(約55.8億円)でスタンフォード・ブリッジへ戻すことに関心を抱いているようだ。

スポンサーリンク

オランダ代表 DF は、ブルーズで 5年間滞在した後、2017年に 2000万ポンド(約27.9億円)の移籍金で南海岸へ旅立った。

アケはブルーズで 17試合に出場し、そのうちの 1試合は 2013年のヨーロッパ・リーグ準々決勝での FC ルビン・カザン戦である。

話題に挙がっている 23歳のプレイヤーは信じられないほど用途の広い選手である。彼の強さとスピードは、彼がバックラインに沿ってどこにでも展開することができると同時に、MF としても起用できることを意味している。

2015年のワトフォード FC でのレンタル期間では、当時の指揮官キケ・サンチェス・フローレスはプレミアリーグのシーズンの殆どの期間、左 SB に元フェイエノールト・ユース出身のプレイヤーを起用した。そこで彼は成長し、その結果 2015/16 シーズンにおけるボーンマスのヤングプレイヤーに選出された。

かつての若いユース選手との再契約を守るためには、スタンフォード・ブリッジの司令部はトッテナム・ホットスパー FC とマンチェスター・ユナイテッド FC との競争を見送る必要があるだろう。同様に、クラブでの出場時間がアケのチェルシー時代よりも成功することを保証するだろう。

チェルシーは現在、プレミアリーグで 4位につけており、リーグ首位のリバプール FC に勝点を 10ポイント離されている。

指揮官のマウリツィオ・サッリは、現在開催中の移籍ウィンドウで自身のチームに深みを加えることを検討している。報道によると、サッリは他のボーンマスの選手であるストライカーの FW カラム・ウィルソンにもアプローチしているようだ。

引用元 Shoot、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました