チェルシーのサッリ・システムにフィットする完璧なストライカー

Chelsea

画像出典元 football.london

現地メディアの噂話では、FW ゴンサロ・イグアインのチェルシー入りがカウントダウンを迎えているようですが、とあるメディアがイグアイン以外の選択肢として、サッリ・ボールのストライカーとして最もフィットするプレイヤーの候補を挙げているようです。

 

引用記事

The perfect striker for Sarri's Chelsea - and it's not Higuain
Chelsea need a new striker

一般的に、移籍期間が進むにつれて、各プレミアリーグクラブが捜し求めるプレイヤーに関連する物語が相対して浮上し始めるものだ。

スポンサーリンク

この夏、マンチェスター・ユナイテッド FC は明らかに CB を切望した。リバプール FC は GK を望んでいた。トッテナム・ホットスパー FC は、MF ジャック・グリーリッシュ以外には誰も望んでいなかった。

今開かれているウィンドウでは、チェルシーが新しいストライカーを必要とすることは明らかである。

今シーズン、マウリツィオ・サッリはチームの焦点が不足しているため、様々な状況で苦戦を強いられている。FW オリビエ・ジルーや FW アルバロ・モラタといったストライカーは、どちらも必要な基準を満たしていない。

結果として、FW エデン・アザールは何度もチームのストライカーとしてのプレーを強いられており、このポジションは明らかにサッリが特に気に入らない領域であることを示している。そして、ベルギー人は一時的な再配置にも熱心ではない。

ジルーは 32歳であり、今シーズンはいくつかの怪我の問題に苦しんでいる。プレミアリーグで 17試合、そのうち 11試合が途中出場となっている彼は、これまでのところ 1得点に留まっている。

フランス人 FW はチームメイトをお膳立てすることが苦手なわけではない。しかし、彼は単にストライカーが目指さなければならない重要な分野が欠けている。それはゴールである。

モラタの状況も似ているが、おそらくジルーの 4倍以上のコストがかかっていることを考えると、こちらはもっと大惨事だ。彼はプレミアリーグではたったの 5ゴールしか挙げられていない。

最終的に、チェルシーはストライカーを何より必要としている。なぜなら、サッリの現在の選択肢には歯が欠けていて、結果としてサッリは最高の選手をそのポジションから動かすことを強いられているからだ。

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

サッリがストライカーに要求するもの

プレイヤーを推薦する前に、サッリが自分のシステムのストライカーに何を要求しているかを正確に識別することが重要だ。

そうするために、SSC ナポリでサッリによって偽9番としてプレーするように巧妙に変換された FW ドリース・メルテンスの 2つのビッグ・シーズンのスタッツを見てみよう。

2016/17 シーズン、メルテンスは 2573分間の出場で 28得点 9アシストを挙げた。

彼は 90分あたりなんと 4.5ショットを記録したが、この数値はほぼリオネル・メッシのレベルにある。そして彼は 90分あたりの 0.62 のゴール成功率を持っていた。これは、彼が本質的に 1試合あたり 60%以上の確率で得点を挙げる可能性があったたことを示している。

3026分で 18得点、6アシストを記録した昨シーズンは、ほぼ同じくらい生産的だった。Wyscout によると、彼の 90分あたりのショット数は 3.36まで低下したもののまだ非常にアクティブな数値であり、90分あたりのゴール成功率(xG) は 0.41 だった。

エデン・アザール、そして来シーズンに到着する FW クリスチャン・プリシッチは、いずれももゴールスコアラーではなく幅広いクリエイターである。彼らはかなりの量のゴールを獲得するだろう。しかし、例えばリバプールのワイド FW たちのような得点の結果を提供することはない。

ユルゲン・クロップのシステムでは、FW サディオ・マネと FW モハメド・サラーが十分以上に得点するはずなので、 FW ロベルト・フィルミーノがゴールにそこまで臨していないことに問題は生じない。しかし、サッリには、チャンスを仕留めることの負荷を担う豊富なスコアラーを必要とする。

そのため、チェルシーはゴールに十分な努力を払い、多くの時間をかけて快適にプレーできる、実績のあるゴールスコアラーを必要としている。

また、チェルシーと FW ゴンサロ・イグアインとの移籍可能性を考えれば、プレーヤーは必ずしも若いプレイヤーである必要はない。そして、プレイヤーは必ずしも創造性やビルドアップに最も関与する必要もない。メルテンスは、実はそれほど多くのアシストには寄与しておらず、90回あたり平均 29回のパスしか行っていないのだ。

引用元 football.london、和訳者 cheren

スポンサーリンク

チェルシーの「サッリ・ボール」でハンターとなるべき選手

メインオプション:FW マウロ・イカルディ

画像出典元 football.london

もっと分かりやすい名前は FW マウロ・イカルディである。しかし、彼にはかなりの金額がかかると示唆するのが合理的だ。

イカルディは、インテルでプレーしている豊富で実績のある得点記録を持っている。彼は今シーズン 16試合で 9得点、昨シーズン 34試合で 29得点、その前のシーズンでも 34試合で 24得点を挙げている。

結果として、彼の実績を考えれば、イカルディはかなり安全な投資となるだろう。イカルディは昨シーズンの開幕以来、ボックスの外側からのシンプルなゴールを決めておらず、31点全てをエリア内で決めている。

これは明らかにイカルディがペナルティボックスで非常に脅威であることを示している。そしてそれは、プリシッチやアザールが創造性を提供することを考えると、サッリのチェルシーにふさわしいはずだ。

イカルディは今シーズン 90分あたり平均 2.4ショットを計測しているが、それは彼がわずかに改善すべきポイントであると考えられている。90分あたりの彼の xG は 0.47 であるが、これらがインテルの守備的なプレースタイルの影響を受けていると考えるのが合理的である。

プレミアリーグ 4位で 36得点を予想されているチェルシーと比較して、インテルはリーグ内で xG 値で 28 の 7位につけている。

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

ワイルドカード:FW アラサヌ・プレア

画像出典元 football.london

ブルーズの購入伝票に記載されていない、あまり一般的ではない名前は、現在ブンデスリーガのボルシア・メンヒェングラートバッハでプレーする FW アラサヌ・プレアである。

フランス人は夏にブンデスリーガへ約 2300万ポンド(約32.3億円)で移籍したため、今月チェルシーがクラブへ連れ込むにはかなりの費用を必要とするだろう。そうでなければ、次夏になるまで待つ必要がある。

Understat によると、プレアは直近の 77試合で 36得点を記録しており、それはそれぞれメンヒェングラートバッハと OGC ニースでプレーした結果である。

さらに、彼は過去数シーズンで 90分あたり平均 3ショットを記録しており、メルテンスの 29パスに似たような数値である 1試合あたり平均 27パスを記録している。

興味深いことに、プレアとメルテンスはどちらも非常に似たショット・ロケーションを持っている。

メルテンスが記録した 2つの高得点シーズンでは、彼が決めたゴールのうち、ペナルティボックス内で獲得したゴールは 約85%だった。そして、プレアの直近の 3シーズンと比較すると、プレアは 86%を記録している。

わずか25歳の時、プレアはキャリアを再構築するための十分な時間を確保してきており、その根底にある数字は、確実にチェルシーでも仕事をこなせる可能性があることを示している。

引用元 football.london、和訳者 cheren

スポンサーリンク

チェルシーはどちらのストライカーにサインすべきか?

全体的にみて、現代のサッカーシーンでは、切望している多くのストライカーがいかにして現実的な選択肢を提案するかを見極めることは難しい。

サッリが探しているものを正確に提供するプレイヤーに署名するためには、チェルシーは大枚をはたく必要があるのは明白である。

チェルシーがワイルドカードオプションを選択したい場合、またはおそらく夏まで購入を差し控えたい場合は、プレアは興味深いオプションを提供する。

しかし、もしチェルシーが即座の結果を望み、モラタの売却金で別の高価な不良品を掴まされるのを避けたいなら、まだインテルでトロフィーを獲得していないという事実を考えれば、イカルディはまだ比較的現実的な選択肢でありながら、最もリスクが低いようにみえる。

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました