ロマン・アブラモビッチは契約秒読みのイグアインの加入をどう思うか

Chelsea

画像出典元 Express

今冬の移籍市場で契約秒読みと噂される FW ゴンサロ・イグアインの加入に際し、チェルシーオーナーのロマン・アブラモビッチがどのように考えているかを現地メディアが推測しているようです。近年のチェルシーの補強方針とは異なり、指揮官の望むプレイヤーを獲得しようとする方向性から、概して好意的であるとメディアは踏んでいるようです。

 

引用記事

What Chelsea owner Roman Abramovich thinks about Gonzalo Higuain transfer
CHELSEA owner Roman Abramovich is signing Gonzalo Higuain as a show of faith to Maurizio Sarri, according to reports.

報道によると、チェルシーのオーナー、ロマン・アブラモビッチは、マウリツィオ・サッリへの信仰の証として、FW ゴンザロ・イグアインに署名するという。

スポンサーリンク

チェルシーのオーナーであるアブラモビッチは、イグアインをプレミアリーグに誘致する予定である。そこでアルゼンチン代表がサッリとの再会を果たすだろう。

イグアインが間もなく契約にサインする動きを行うことで、当時一緒にセリエA で活躍したデュオが現在のロンドン西部での再会することとなる。

チェルシー指揮官のサッリは、FW オリビエ・ジルーと FW アルバロ・モラタの厄介なパフォーマンスの問題の中で、AC ミランのヒットマンが攻撃の中心となる理想的なプレイヤーだと感じている。

そして Metro によると、アブラモビッチはサッリが欲する最上位のターゲットを上陸させることによって、サッリへの信仰を示したい考えである。ロシア人オーナーは、サッリへの信仰の表れとしてイグアインの加入を喜んでいると主張している。

ただ、近年のチェルシーの移籍戦略は多くの問題を引き起こしている。

かつてのジョゼ・モウリーニョが賢明だった 2015年、彼の好みのターゲットを水揚げする代わりに、チェルシー首脳陣は彼に FW ペドロと、意中のプレイヤーではない FW ラダメル・ファルカオを与えた。

そして、前監督アントニオ・コンテもチェルシーの方針に問題を抱えていた。昨年 1月、イングランド代表プレイヤーではあったがコンテのレーダーにかからなかった MF ロス・バークリーをクラブが獲得したとき、コンテは明らかに立腹した。

ただ、Metro は、サッリが望むプレイヤーをアブラモビッチが素直に彼に与えることによって、チェルシーの戦略を変えようとしていると主張している。

しかし、31歳のイグアインが請求に応じることができるかどうかは、まだわかっていない。

一方、元プレミアリーグの GK シャカ・ヒスロップは、スタンフォード・ブリッジで繁栄するためにイグアインを支援している。そして彼は、アルゼンチン人がレアル・マドリードで過ごしていた時よりもさらに良くなるとさえ考えている。

スポンサーリンク

「私はそう考えている(彼は移籍金に見合う価値があるだろう)。」とヒスロップは発言した。

「ゴンサロ・イグアインとそのパフォーマンスを見ると、彼は失敗した。彼はレアル・マドリードでも同様の失敗を犯している。

「多分、ユベントス FC でも同じ議論をすることになるだろう。

「しかし、彼が特に SSC ナポリでどれほど優秀だったかを見ると、レアル・マドリードのプレッシャーを課されないチェルシーのようなチームに参入したとき、ゴンサロ・イグアインは単純に傑物となるだろう。」

引用元 Express、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました