マウリツィオ・サッリ、チェルシーはまだ戦術変更の準備が整っていない

Chelsea

画像出典元 Sky Sports

プレミアリーグのビッグ・ロンドンダービーのアーセナル FC 戦を間近に控えた試合前会見で、チェルシー指揮官のマウリツィオ・サッリはチェルシーはまだ戦術変更を行う準備が整っていないと語ったようです。

 

引用記事

Maurizio Sarri says Chelsea are not yet ready for a tactical change
Chelsea head coach Maurizio Sarri intends to stick with his tactical methods until his players are fully adapted.

チェルシー指揮下のマウリツィオ・サッリは、選手たちが完全に慣れるまで同じ戦術を突き通すつもりのようだ。

スポンサーリンク

チェルシーのパフォーマンスが最近ますます悪化の一途を辿っていっている状況におかれても、イタリア人監督はクリエイティブな MF ジョルジーニョを中心とした 4-3-3 フォーメーションに固執する考えのようだ。

チェルシー指揮官に就任したサッリを追ってナポリからスタンフォード・ブリッジまでやってきたジョルジーニョを収容するために、MF エンゴロ・カンテは彼が慣れ親しんだポジションを明け渡し、中盤の右側により攻撃的な役割として配置された。

土曜日のアーセナル FC 戦での試合に先立ち、サッリは会見で次のように語っている。

「私たちはは現時点で変更する準備ができていない。

「私が見たいものを完璧に実現できるようになったとき、初めて変更することができる。4-3-3 で私たちが一番上にいるのなら、変更を試みることができるだろう。

「昨シーズンのナポリでの最後のシーズンで 4-2-3-1 のフォーメーションでプレーしたときのように。でも、現時点ではそうではない。私たちは準備ができていない。」

サッリは先週のニューカッスルでの勝利の後、ジョルジーニョが「問題を抱えていた」と発言していた。そして、同僚の MF セスク・ファブレガスが AS モナコへ去っていなければ、ジョルジーニョは置き換えられただろうと語っていた。

「おそらく、最後の 2試合で彼は少し疲れていた。」とサッリはコメントしている。

「彼は以前よりも少しゆっくりボール回しをしていた。だが、それは普通だと思う。

引用元 Sky Sports、和訳者 cheren

画像出典元 Sky Sports

「誰しも 60試合を全てトップフォームに維持することはできない。そのため、いつものような平静を保てない期間は、別の期間を設定するのが普通だ。しかし、それは大きな問題ではない。」

彼のタスク達成の可否がクラブが移籍市場での強化にかかっているかどうかを尋ねられたとき、サッリは応えた。

「全然そうではない、私はそうは思わない。私の仕事はピッチにある。

「私は自分のエネルギーを別の何かに費やしたいので、(移籍動向には)関与したくない。

「ピッチに自分の力を注ぎたい、そうでなければ問題だ。

「イングランドでは、数日おきに試合をこなさなければならない。私の精神的エネルギーの半分を別の何かに費やしているとしたら、私は問題を抱えている。

引用元 Sky Sports、和訳者 cheren

画像出典元 Sky Sports

スポンサーリンク

「誰もが私の意見を知っていて、クラブが機能していると確信している。なぜ私が参加しなければならないのか理解できない。」

彼のポストが完全に安全であるために、チェルシーは彼の最近の努力を改善する必要があると示唆されたとき、サッリは次のように返した。

「(カラム・)ハドソン=オドイは改善し、(イーサン・)アンパドゥは改善し、ダヴィド(・ルイス)はトップレベルに戻り、(ロス・)バークリーは改善した。

「それで、私たちは改善している。」

引用元 Sky Sports、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました