サッリ・ボールの転換点:サッリ、試合後の記者会見で選手たちを非難する

Chelsea

画像出典元 We Ain’t Got No History

ビッグ・ロンドンダービーの第2戦、アーセナル FC 戦で 0-2 と敗戦してしまったチェルシーのサッリ監督は、試合後の記者会見でメンタルの弱さで試合に敗戦したと選手たちを非難するコメントを出したようです。

 

引用記事

https://weaintgotnohistory.sbnation.com/2019/1/20/18189955/sarrismo-tipping-point-chelsea-coach-lays-into-players-in-post-match-press-conference

アントニオ・コンテがエミレーツ・スタジアムでのアーセナル FC との試合後の記者会見の象徴となったのは、2年と数ヶ月前のことだ。

スポンサーリンク

0-3 という屈辱を受けた直後、当時のチェルシーの監督は公然と彼の選手たちを叱りつけた。彼らにはふさわしい態度とやる気が欠けていて、はるかに過酷な現実を見ずに自分たちをごまかして信じていると非難した。

「最初の瞬間から、私たちは正しい態度をとっていなかった。」集まったジャーナリストを睨みつけてコンテは語った。「私たちは、ピッチ上ではなく、紙の上なら素晴らしいチームだ。」

彼らが言うように、その続きは言うまでもない。コンテの賭けはうまくいった。チェルシーはそれからのリーグ戦 13試合に勝利し、(当時の)記録的な勝点でプレミアリーグのタイトルを獲得した。さて、それはサッリのハンマーに目を向け、そして彼が集めることができるすべての力で振り下ろした。彼は通訳者を連れてきて、いつものようにメディアだけではなく、彼のプレイヤーに特に向けられた彼の言葉が、彼の意図した通りになっていることを確認した。

「今日はイタリア語で話したいと思う。プレイヤーにメッセージを送りたいのだが、英語でそれを間違って話したくない。」

「私は非常に怒っている。確かに、この敗北は他の何よりも私たちのメンタリティによるものだったので、非常に怒っている。 私たちのメンタルアプローチは、私たちよりもはるかに精神的に決心の強いチームと対戦したことによるものであり。これは私が受け入れることができないものだ。

「トッテナムでのリーグ戦でも同様の問題があった。当時、私たちはその特定の損失とその時の私達のアプローチについて多くのことを話した。私たちはこの問題を克服することに成功したと思っていたが、十分な決意を持ち、精神的にしっかりするという問題を未だに抱えているようだ。だから私は記者会見に参加して選手たちと話をし、なぜ戦術的および戦略的観点から見失ったのかといった戦術についての話を好むので、嬉しくない。しかし、問題の事実は、このプレイヤーのグループのやる気を起こさせるのが非常に難しいように見えるということだ。」

モチベーションの問題は、長年にわたって常に懸念されてきた。宴会の季節、続いて飢饉の季節、そしてそれに見合うパフォーマンスが、その日のことをはっきりと語る。最初の 2人はしばらくの間は成功し、それからそれに屈した。サッリもやがて屈するだろう。しかし、彼は過去の前任者たちと同様、最初にごちそうを得ることを明らかに望んでいる。

「答えるのは難しい質問だ。プレイヤーのグループとして、彼らは精神的な観点から特に積極的ではないように思える。彼らは、自身のメンタリティの中にその獰猛さを持っていない。それはプレーヤーの種類や特性にかかっているが、変えるのは難しいものだ。

それはかなり長い時間がかかるかもしれないが、それは責任を引き受けてチームを前進させる新しいプレイヤーが入団するか、あるいはおそらくチームの古いベテランの 1人によって刷新される可能性がある。」

– マウリツィオ・サッリ 出典:チェルシー FC

 

チェルシーの公式ウェブサイトは驚くべきことにサッリの試合後のコメントのほとんどを逐語的に(翻訳者として)中継していた。しかし、彼らはこれを少し省略している。そして、これが実際に問題の核心である可能性を示している。

「私は、このレベルのプレイヤーが自身の責任に立ち向かうことを恐れてはいけないとは思わない。起こりうる最も良いストーリーは、プレイヤーと私が何が起こるかについて非常に率直に話すことだ。私はプレーヤーの責任者であり、彼らが態度を持つことが重要だ。そして、それができないのであれば、このレベルでプレーしてはならない。」

– マウリツィオ・サッリ 出典:football.london

スポンサーリンク

賽は投げられた。あなたの動きは「プレイヤー」だ。どのベテランが支配権を握るのだろうか。DF アスピリクエタ? DF ダヴィド・ルイス? FW エデン・アザール? 候補はそれほど印象的ではないほどに少ない。

 

「もちろんだ。私はこれがチームであり、それは私たちの特徴としているものではないので、それはその戦闘と戦闘の資質で有名になることは決してないことを知っている。

しかし、私たちが成し遂げる必要があるのは、適応できるチームであるということだ。試合で 10分から 15分は苦戦するだろうが、その後は私たち自身のサッカーをすることができるチームであることだ。」

実際に苦しんでいる。もう 1つの象徴的なコンテの行いは、チームの内なる炎を見つけ出し、それを燃え尽きるような火に投げ込むことだった。その場合、コンテの猛烈な性格は確かに役に立った。では今、誰がその火をつけるのだろうか。

引用元 We Ain’t Got No History、和訳者 cheren

 

サリーは選手のパフォーマンスを埋葬して出発した。もう一度質問があった。「もっと何が欲しい?」彼は初めてスマイルで応えた。彼は以前にこのカードをプレイしたことがあると思う。

引用元 Twitter、和訳者 cheren

 

そうではない。私が彼にこのストーリーを深く理解させたので、コンテは完璧だった(私にとって、彼はとても親密だった)。しかし、彼のプレイヤーに変更を要求することに加えて、彼はまた自分自身の変更も欲していた。彼は自分を「魔法の杖はない」と確信していたが、彼の戦術的な革命により、チームは彼らが望んだとおりに対応することができた。彼が「頑固な」コンテとして知られる前は、彼は「仕立て屋」のコンテだった。

過去数年間の証拠に基づいて、サッリが後者の事業に参入する危険性はない。だが、彼の信用によれば、彼は現在の状況の(相対的な)恐ろしさ(まだチェルシーは 4位だ!)に対する責任を共有すると認めた。

「あるチームが他のチームよりも意思を固めているときにこの種のゲームを見たとき、私たちは戦術について本当に話すことができない。技術的な観点から言えば、チームはほぼ同じレベルにあると思うが、アーセナルが私たちよりも決心しているとき、戦術はそれにもたどり着かない。彼らの高いレベルの決意は、試合を通して、特に両方のペナルティエリアにおいて、かなり明白だった。

「彼らは、ゴールを決めたときにも客観的で、そしてディフェンスにおいては私たちが立ち止まった。特に私たちが失点した最初のゴールで、私たちは意思が固まっていなかった。私たちが十分に強くなかった。

「誤解しないで欲しい。私たちはとにかくその試合に負けたかもしれないが、それは戦術的な理由やテクニカルな理由で負けたのではなく、私たちは意思の強さで試合に負けた。もちろん、少なくとも私は部分的に精神的なアプローチに対して責任がないと言うことはできない。 それは、私たちが共有しなければならないことだ。」

そう、責任を分担するようなものだ。

「(今日)、私たちのディフェンスは、私たちがやってきたピッチを押し上げるのではなく、逆方向に走ることになってしまった。私たちは 1つか 2つのタッチをするべきチームだが、代わりに 7つか 8つのタッチをしてしまっていた。これは、私たちが望んでいる姿ではない。改善しようとする必要がある。」

– マウリツィオ・サッリ 出典:チェルシー FC

 

変化は本当に必要です。しかし、その変化はどのような形をとるのだろうか。それはすぐにわかるだろう、と 1人が予想している。

引用元 We Ain’t Got No History、和訳者 cheren

スポンサーリンク

私は長い間そのような記者会見に参加していない。 サッリは「私の作品は裏切られた」とまでは言わなかったが、それほど遠くはなかった。

これはコブハムで非常に興味深い週になるだろう…

引用元 Twitter、和訳者 cheren

 

もちろんシーズンは失われたり終わったりはしていない。

チェルシーはしばらく前にタイトルレースから除外されているが、私たちはまだ(ほとんど)トップ4 のコースにいるし、私たちはまだ FA カップ、ヨーロッパ・リーグ、そしてリーグ・カップで生き残っている。

木曜日のトテナム・ホットスパー FC とのリーグ・カップ第2戦は、即座に対応する機会を提供するだろう。それはすでに重要な試合だったが、まさに今この試合が最も重要になったかもしれない。

引用元 We Ain’t Got No History、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました