フィリペ・コウチーニョはチェルシーの中盤問題に対する1億ポンドの解決策

Chelsea

画像出典元 football.london

アーセナル戦での敗戦を機に各メディアが MF ジョルジーニョのパフォーマンスを批判している状況ですが、ジョルジーニョよりも 3人目の MF の必要性を訴えているメディアがあるようです。ただ、その候補には巨額の資金を要するようです。

 

引用記事

Coutinho is the £100m wildcard Chelsea cannot pass up
Chelsea news includes rumours that Barcelona may be willing to sell the ex-Liverpool midfielder, and he could be everything Chelsea need

チェルシーのニュースには、FC バルセロナが元リバプール FC の MF を売却しても構わないとの噂が含まれている。この MF はチェルシーが必要とするすべてを満たすプレイヤーかもしれない。

スポンサーリンク

もしもバルセロナが MF フィリペ・コウチーニョを手放すというアイデアを考慮するのであれば、チェルシーは、2014年に MF セスク・ファブレガスがカンプ・ノウから到着してから 5年後の今年の夏、彼らが行列の先頭にいることを確認する必要がある。

マウリツィオ・サッリの哲学を取り巻くすべての想定された謎について、彼の戦術論の背景にある包括的な考えは、「最高の防御」が強い攻撃につながると纏めることができる。

これまでのところ問題は、彼らの攻撃が後ろの多くのギャップをカバーするのに必要とされるレベルまで実行しなかったというところにある。

DF ダヴィド・ルイスは、指揮官のボールを支配してポジティブな「ポゼッショナル」フットボールをすることへの願望から生じる見込みと問題を体現している。

オン・ザ・ボールでは、コウチーニョは深い位置からの鋭いパスで相手を突き破ることができる。特に正統派の守備的 MF がいない状態で 4バックのフォーメーションを敷いているとき、彼はポゼッションを失っているときでも見破ることができる。

MF ジョルジーニョは、オフ・ザ・ボールよりもオン・ザ・ボールを得意とするプレイヤーである。

SSC ナポリでは、彼は定期的なアシストの供給者というより、むしろサッリのチームのテンポを供給するメトロノームだった。そして、それは彼の前にいる選手のスキルとコンビネーション・プレーの質を考えると問題はない。

引用元 football.london、和訳者 cheren

画像出典元 football.london

スポンサーリンク

そのようなオープンなアプローチをとることから生じる明らかな欠点を克服するために必要とされるスピードや鋭さといった類の要素で、指揮官のゲームプランを実行するための理解を築くことは、チェルシーの FW やウィンガーにとって必要不可欠である。

少なくともそれが、「サッリ・ボール」アプローチを提唱する人々によって挙げられた議論である。

FW ゴンサロ・イグアインは今月、新しいソリューションとしてチェルシーに加わる予定である。それによって、FW エデン・アザールは自分の好みであるウィングポジションに戻ることができる。

イグアインはナポリ時代にサッリのチームでプレーしてリーグ戦 35試合で 36得点を記録し、フィニッシャーとしての彼のキャリアの中で最高のシーズンを楽しんだ。

ブルーズが今シーズン開幕から全大会 18試合をわずか 4つの引き分けを含む無敗で終えた非常に力強かったスタートから、現状チャンスの数が減っている誇張されたビルドアッププレーを整理するには、新たな CF 以上のものが必要となる。

どのストライカーがブルーズの攻撃をリードするのかに関係なく、そもそも誰がストライカーに得点する機会をセットアップするつもりなのだろうか。ジョルジーニョは自分の役割を担っている。 彼は深い位置に布陣してボールを回すはずだ。

MF エンゴロ・カンテは、MF アランが SSC ナポリで担っていたようにサッリのシステムでボックス・ツー・ボックスの MF としてプレーしており、ファイナル・サードのプレイヤーとして彼の最高のシーズンを過ごしている。

引用元 football.london、和訳者 cheren

画像出典元 football.london

スポンサーリンク

問題はチームの 3人目の MF にある。MF マテオ・コヴァチッチ、MF ロス・バークリー、そして MF ルーベン・ロフタス=チークは、FW をサポートして中盤からチームメンバーの負荷を軽減するための攻撃的な推進力を提供しているとは言い難い。

MF マレク・ハムシークは、ナポリでサッリに必要なものを示した。他にも類似点があった。アザールのような 2、3人の DF を倒してチームを結成することができる豊富なドリブラーである FW ロレンツォ・インシーニェや、FW ペドロと FW ウィリアンの共通点を持った右のウィンガーである FW ホセ・カジェホンがナポリには居た。

ジョルジーニョは、ボールを受け取って別の動きを開始するためにそこにいる。カンテは途中ですべてを結び付ける役割を担っている。3人目のMF は、ディフェンスを分断するためのキラー・ボール、狭いスペースでボールをつなげるスキル、そして神出鬼没にゴールを決める能力を持つ必要がある。

コウチーニョはそれらのボックスの一つ一つを作動させる。彼はすでにイングランドの観客に、長い賭博をしている監督にとって、それがチームに哲学をもたらすことになることの重要性を示している。

MF アーロン・ラムジーは、チェルシーがアーセナルに敗れた試合でジョルジーニョを徹底的にマンマークした。右側に別の脅威をもたらす FW クリスチャン・プリシッチは夏に到着することになった。チームはイタリア代表やアザールと平行して、ブラジル人の契約締結に苦労するだろう。

引用元 football.london、和訳者 cheren

画像出典元 football.london

指揮官がタクティカル・ボードからピッチへ彼のアイデアを翻訳するために一生懸命働いている間、それが亀裂を隠すことになるという経験さえある。

ユルゲン・クロップがリバプール FC の監督に就任した当初、レッズは高い得点を持っていたが、チームを解体して質の高いショーを作成するのに苦労し、監督のシステムの価値が不明確となった時期もあった。

レッズにとって幸運なことは、彼がフィットしたとき、彼らはブラジルのプレイメーカーに何かとバッグから引き出すことを頼りにすることができたことだ。彼はロングシュートが得意分野だった。

スポンサーリンク

ファブレガスがアーセナルからカタルーニャへ感情的な移籍をした後にバルセロナからプレミアリーグに戻ったとき、彼はチェルシーで 2度に渡って優勝に貢献した。

彼は最初のシーズンにチェルシーをリーグタイトルに到達させるためのインスピレーションを与えた。スタンフォード・ブリッジでは、かつてのヒーローがキープレーヤーになっていたため、ベンチに居なければならなかった激しいライバルのファンを奮い立たせた。

リバプールのサポーターたちは、サッリがチームを作り直すためにプレイヤーの補強を待っている間、クロップが頼りにしていたワイルドカードオプションであるコウチーニョがサッリに提供され、ブルーズに並ぶのを見ても嬉しくは思わなかった。

オーナーのロマン・アブラモビッチは、ブラジル人をスタンフォード・ブリッジへ連れてくるのに 1億ポンド(約141億円)を要するかもしれない。

中盤のプレイヤーが元気になることを願って、気持ちを切り替えるにはあまりにも高すぎるかもしれない契約で塞がれている賃金契約書を得るためだけに、最近の一流のタレントを雇うための世間並の賃金、そしておそらく最近のプレイヤーを安く買う戦略よりも FW を移動するためのより安いルートを使ったとしても、この出費は避けられないかもしれない。

ナポリでは、ハムシークはボール支配時に 4人目のフォワードになる可能性がある MF であり、ナポリがボールを獲得したときは彼はいつでも熱心なアイデアの源となった。

それはチェルシーが現時点で逃しているジグソーパズルのピースである。

ブルーズがサッリを任命した理由の考えを信じるならば、チェルシーはサッリに彼の考えを活気づけることができるプレイヤーを彼に提供する必要がある。さもなければ、スタンフォード・ブリッジでの彼の担当期間は先が見えている。

もちろん、それはコウチーニョにこだわった話ではない。他にも選択肢はある。すなわち、オリンピック・リヨンの FW ナビル・フェキルだ。

しかし、26歳のコウチーニョは適切な年齢で、プレミアリーグでその実力は証明されている。そして彼はサッリの下でチェルシーが直面する最大の問題の一つへの完璧な解決策になるかもしれない。

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました