サッリ、クリステンセンがアーセナル戦でベンチから早く退いたことにコメント

Chelsea

画像出典元 GiveMeSport

土曜日のアーセナル FC に敗戦した試合で、サブの交代枠を使い切った後に DF アンドレアス・クリステンセンが試合終了前にドレッシングルームに引き上げたことがメディアの憶測を呼んでいましたが、これについてサッリが記者会見で触れているようです。

 

引用記事

Sarri’s response when asked about Andreas Christensen leaving the bench vs Arsenal
He went down the tunnel after Sarri made his final sub

土曜の夜にチェルシーがアーセナル FC に敗れた試合で、多くのファンがフルタイムの前にアウェイのエミレーツ・スタジアムから去った。

スポンサーリンク

今までのところ、マウリツィオ・サッリのチームとっては今シーズン最も貧弱なパフォーマンスであり、4位の立場から今にも滑り落ちそうに見える。

試合後、ブルーズ指揮官は、これまでの数多くのビッグゲームで示されてきたメンタリティに対して彼の選手たちに激怒した。

「私は非常に腹を立てている、本当に腹を立てている。この敗北は私たちのメンタリティによるものだった。」と彼は試合後の記者会見で語った。

「私たちはリーグでトッテナムに対しても同様の問題を抱えていた。このグループのプレイヤーにやる気を起こさせるのは非常に難しいようだ。これはその戦いの資質を知るようなことは絶対に起こらないだろう。」

実際、チェルシーの期待外れなパフォーマンスは、フルタイムの前からファンを早い時期に帰宅させただけではなく、サブの DF アンドレス・クリステンセンもベンチから退いてしまった。

 

早いシャワーを浴びに行ったのか?

もちろん、早いうちに更衣室に入るという決定は、実際に彼がピッチで見たものにまで及んでいなかった。

The Timesは、サッリが最後の交代枠を使用した後、もうピッチに入ることはないと悟った指揮官から好かれていない DF が 75分に立ち上がってベンチを去ったと報じている。

この新聞紙はまた、彼の行動がイタリアの戦術家を「怒らせた」こと、そしてクリステンセンの行動がサッリに「注目された」ことを併せて報じている。

同じ週にチェルシーの監督が自分のチームを激しく攻撃したこともあり、プロ意識が問題になっている 22歳の DF にとって、それは確かに見栄えが良くない。

しかし、実際にはこれが話の全容ではなかった。サッリは水曜日の記者会見で、クリステンセンがベンチを去るという決断は悪い態度以外の何かに帰着したものだと明らかにした。

 

ナーバスなエンディング

どうやら、若い DF に腹を立てていたのではなく、サッリは試合日に神経質になっていたクリステンセンを心配していたようだ。そして、トイレ休憩が必要だったようだ。

「私は何よりも心配していた。」とサッリは語った。

「試合日のクリステンセンにはいつも腹痛があることをよく知っている。理由はわからないが、彼はいつもとても緊張している。 何を言うべきかわからない。」

引用元 GiveMeSport、和訳者 cheren

 

クリステンセンのアーセナルでのトイレ休憩でサッリ「私は何よりも心配していた。試合日のクリステンセンはいつも腹痛を抱えていることをご存知だろう。理由はわからないが、彼はいつもとても緊張している。何を言うべきかわからない。」

引用元 Twitter、和訳者 cheren

スポンサーリンク

確かに、それはチェルシー首脳陣がクリステンセンに腹痛を与えるほどに、チェルシーのバックラインの中でレギュラーとして機能することを強く期待されていたクリステンセンが試合日にナーバスになって酷く苦しんでいることに関係している。

それでも多くのファンは、日曜日にベンチから退いた理由がサッリの起用法に不満を感じたからではないことを聞いて、おそらく安心しているだろう。

引用元 GiveMeSport、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました