サッリ、アザールにもっと自分自身にリスペクトすることを要求

Chelsea

画像出典元 We Ain’t Got No History

トッテナム・ホットスパー FC とのカラバオ・カップ準決勝第2戦を控えた試合前記者会見で、マウリツィオ・サッリは FW エデン・アザールについてインタビューでもっと自身をリスペクトして、もっと多くのことにチャレンジする姿勢を要求するよう訴えかけたようです。

 

引用記事

https://weaintgotnohistory.sbnation.com/2019/1/23/18194307/sarri-challenges-eden-hazard-to-do-more-be-more-respect-himself-more

可能性を引き出せ。

選手たちの特性を見出すという点において、マウリツィオ・サッリは新たな領域を開拓し続けていない。それには、より優れた、より決定的な選手になるための FW エデン・アザールの挑戦も含まれる。

スポンサーリンク

そしてそれは、彼の将来を決定するときだけの話ではない。

「彼がクラブと話し合っていることは非常によく知っているが、現時点では他に何も知らない。彼がここにいたいのか、別のクラブで新しい経験をしたいのか、まだ決まっていないと思う。私は状況を正確には知らないが、現時点ではエデンは最終的な選択をしていないと私は思う。」

– マウリツィオ・サッリ 出典:Goal

 

いや、サッリがもっと懸念するのは、特定の試合でエデンが行方不明になる傾向があることだ。

決定力があり、しばしばビッグゲームでのスタッツも今シーズンと同じくらい良い 28歳ではあるが、ピッチ内でのリーダーシップ、そして特にモチベーション(またこの言葉だ)が明らかに欠けているときがある。

 

エデン自身は、最近 France Football のインタビューで証明されるように彼自身の欠点を認識している。しかし、彼は現状を維持し、現在のパフォーマンスレベルでプレーできることに明らかに非常に満足している。

「彼には今のパフォーマンスより高い可能性があるので、彼はもっとやらなければならないと思う。まず第一に、彼は自分自身にリスペクトしなければならない。彼はもっとやらなければならない。」

監督が彼を中心としてチームの残りを組織するとき、これは特に重要になる。

サッリは最近、モウリーニョとコンテと同じような感情を反映して、チームにバランスをもたらすセンター FW としてのアザールの役割について話した。そしてエデンのその役割での実行意欲について問い質されたとき、彼はその考えで一か八かの賭けに出た。

「とてもよく知られていることだが、エデンは現時点で素晴らしいプレイヤーであるが、個性的なプレイヤーでもある。彼はとても本能的なプレイヤーで、彼はボールに行くのがとても好きだ。彼は自分の足にボールが収まるのを望んでいる。彼にとっては、ストライカーとしてプレーするのは非常に困難だが、ウィンガーとしてもプレーするのも非常に困難だ。私たちは他の 10人のプレイヤーをディフェンス・フェーズで組織する必要があると思う。なぜなら彼はピッチの至る所でプレーする必要があるからだ。」

これらの犠牲と考慮から考えれば、サッリを含む首脳陣が世界で最も優れたプレイヤーの 1人から最大を期待するのは公正なことだ。その後の追加の資質(リーダーシップなど)は、謂わばボーナスである。

「彼は私たちにとって非常に重要であり、もちろん、彼は素晴らしいプレイヤーだ。彼は常に 2分で、時には 1分で試合を決めることができる。しかし、現時点で彼はリーダーではない。彼は素晴らしいプレイヤーで、世界でも最高のプレイヤーの一人だ。」

– マウリツィオ・サッリ 出典:FourFourTwo

スポンサーリンク

サッリは、DF セサル・アスピリクエタと DF ダヴィド・ルイスの 2人を魅力的なタレントでありリーダーの素質を持つプレイヤーとして名前を出した。

エデンが心配しなければならないのは、ピッチで可能性を引き出すことだけだ。

引用元 We Ain’t Got No History、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました