チェルシーOB、サッリは大きな間違いを冒したとコメントする

Chelsea

画像出典元 Daily Star

先日のアーセナル戦での敗戦後、記者会見の場で選手を公然批判した指揮官マウリツィオ・サッリについて、フットボール解説者の元チェルシー OB がこの行動を疑問視し、大きな間違いだったとコメントしています。また、別の解説者も、この行動の後のドレッシング・ルームの雰囲気に注視していると発言しているようです。

 

引用記事

Chelsea boss Maurizio Sarri has made a huge mistake doing this - Chris Sutton
MAURIZIO SARRI has made a ‘huge mistake’ criticising his Chelsea players in public.

マウリツィオ・サッリは、チェルシー選手を公式の場で批判するという「大きな間違い」を犯した。

スポンサーリンク

これは元ブルーズのストライカー、クリス・サットン氏の意見である。彼は、週末のサッリのコメントはスタンフォード・ブリッジの幸せなドレッシング・ルームをもたらさないと言っている。

チェルシーは、土曜日にアーセナル FC 戦に 0-2 で敗戦し、ダメージを負った。試合終了後、サッリは試合後の記者会見で選手たちを盛んに論じ、彼らにやる気を起こさせることはできないと主張した。

「私は(サッリが)大きなミスを犯したと思う。」と彼は BBC Radio 5 Live の Football Daily Podcast で語った。

「私たちはこれまでに酸いも甘いも色々な目に遭ってきたが、彼がしたようにプレイヤーを公然の場で批判し、彼らのメンタリティに疑問を投げかけるという行為は大きなリスクを冒うことになる。

「彼がやったプレイヤーを公式に傷つけた今週は、幸せなドレッシング・ルーム、幸せなキャンプになると言うことはできないだろう。

「そして、彼が話したイタリア語は翻訳が途絶えることはなく、彼が言ったことを正確に理解することができた。彼の言ったことは、全て決定的な言葉を意味した。

「それでは、これから先は問題があると思う。」

チェルシーは、今晩重要となるカラバオ・カップ準決勝第2戦のトッテナム・ホットスパー FC 戦に向けて準備を進めている。

ブルーズがスタンフォード・ブリッジで成すべきこととして、ウェンブリー・スタジアムでの 1st レグに 0-1 で敗れたチェルシーが決勝にたどり着くために 2つのゴールで勝つ必要があることを意味している。

アーセナルの元ストライカー、イアン・ライト氏は、今夜の試合ではサッリのコメントがドレッシング・ルームにどう影響するかを見ており、プレイヤーの反応が悪ければ、西ロンドンでの彼の未来に疑問符が出るだろうと主張している。

「それはもうびっくりした。監督の発言を聞くとき、暫くそこにいることは普通のことだ。」と彼は発言した。

「彼らは前にそれをやってしまったから、かつてのようにうまくいっていない。そして今、彼らは何らかの理由でそれが起こらない段階になった。

「自分の言葉が誤解されていないことを確認するためにイタリア語でそれを言いたかった、とチェルシーとの彼の任期の早い時期にそれを言う事実についてかなり心配している。

「それは本当に心配だった。そして私たちが今できることは、次の試合で彼らがどのように行動するかを見るのを待つことだと思う。スパーズとの試合で反応があり、そしてチェルシーが勝った場合、あれが良いマネジメントだったと言わなければならないだろう。

スポンサーリンク

「しかし、彼らがそれに反応しなかった場合、サッリがしようとすることをやり続けるために、そもそもサッリが正しいのかどうかに関して、大きな疑問が投げかけられるのではないだろうか。

「なぜなら、彼があれを公表した後に彼らをやる気にさせることができないのであれば、サッリはやる気を起こさせるモチベーターとはなれず、プレイヤーもそれに反応しない。彼は少々困っていると思う。」

引用元 Daily Star、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました