ユベントスDFルガーニ、今夏のチェルシーへの移籍の噂を一蹴

Chelsea

画像出典元 London Football News

昨年夏、マウリツィオ・サッリが新監督に就任してから、ユベントス DF ダニエレ・ルガーニ獲得の噂が主にイタリアのメディアで報じられていましたが、ルガーニ本人がこの噂を否定している内容のインタビューが地元メディアに取り上げられているようです。

 

引用記事

Defender responds to reports he could be next to join Sarri at Chelsea - London Football News
Share this: Embed from Getty Images Daniele Rugani has played down speculation that he could be the next player to leave Serie A to join Maurizio Sarri at Chels...

ユベントス FC の DF ダニエレ・ルガーニは、チェルシーでマウリツィオ・サッリの一団に加わるためにセリエA を去る次のプレイヤーになるかもしれないという憶測を一蹴した。

サッリは、昨年の夏に彼の元クラブである SSC ナポリから MF ジョルジーニョを連れてきて、そしてまたナポリのクラブで彼の下でプレーした経験のある FW ゴンサロ・イグアインを獲得した。

スポンサーリンク

サッリが監督に就任した後、ルガーニはチェルシーと繋がりがあった。そしてイタリアでは、ユベントス DF が今年の夏にスタンフォード・ブリッジに引っ越すのではないかとの憶測が続いている。

その憶測は、イタリア代表のルガーニが英語を学んでいるという報告によって活気づけられている。

しかし、彼はその重要性について意に介さなかった。そして、昨年彼に対してチェルシーからのアプローチはなかったと主張した。

calciomercato.com の報道によると、「私はサッリから電話を受けることはなかった。」とルガーニが発言したとのことだ。

「私は英語を勉強しているが、仕事とは関係ない。 これは私の個人的な成長と一般的な文化にとって重要だと考えている。」

一方で、サッリは、ストライカーのイグアインがチェルシーに影響を与えることができると確信している。

「確かに彼は、私のキャリアの中で最高のストライカーの 1人だ。」とサッリは記者会見で語った。

「彼は、特にナポリでの私の最初のシーズンで、非常に強いストライカーです。彼は非常にうまくやった。彼はセリエA の 35試合で 36ゴールを決め、そのシーズンで彼は 39ゴールを決めた。

「彼はレアル・マドリードで 4シーズンプレーした経験もあるので、ここでプレーするための確かな経験を持っていると思う。

「イグアインが私たちのチームでゴールを決めることを願っているが、彼は他のプレイヤーと連動してプレーするという点でも優れている。」

引用元 London Football News、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました