サッリ、アロンソではなくエメルソンを起用することにより生じる「問題」について語る

Chelsea

画像出典元 101 Great Goals

最近、左 SB を任されている DF マルコス・アロンソのパフォーマンスの低下が顕著となっているなか、DF エメルソン・パルミエリの積極起用がファンやメディアを中心に叫ばれていますが、マウリツィオ・サッリはアロンソではなくエメルソンを起用することの問題点についてコメントしたようです。

 

引用記事

Chelsea boss Maurizio Sarri rules out Emerson departure
Chelsea manager Maurizio Sarri has provided an update on the future of defender Emerson Palmieri, amid links with a return to Serie A

チェルシー監督のマウリツィオ・サッリは、セリエA へのリンクとの関連で、DF エメルソン・パルミエリの将来に関する最新情報を提供した。

スポンサーリンク

チェルシーでの苦闘

昨年1月、24歳の左 SB エメルソンは AS ローマからスタンフォード・ブリッジに移った。

しかし、ブラジル人のチェルシーでの在籍期間はそれ以来期待外れだったと証されており、エメルソンのブルースのキャリアの中では、彼の主戦場はこれまでのところカップ出場に限定されていた。

実際、才能のあるストッパーはアントニオ・コンテとマウリツィオ・サッリの 2人の指揮官の下、わずか 3試合しかプレミアリーグで先発出場していない。

そのため、スタンフォード・ブリッジに到着してからわずか 12ヶ月、エメルソンは今月ロンドンからの潜在的な退団と必然的に結びついている。

ユベントス FC とインテルは、ここ数週間で南アメリカから来た DF のサービスに関心を示しているチームとして名前が挙がっている。

 

「彼と居てとても嬉しい」

しかし、チェルシー指揮官マウリツィオ・サッリが、昨夜のトッテナム・ホットスパー FC 戦で勝利した後の記者会見で確認したように、エメルソンはブルーズにとって「非常に重要」であり続けており、今月もどこにも行かないだろう。

「きっと、エメルソンは私たちと一緒にいるだろう。彼はとても重要だ。彼は改善している。」

一方で、チェルシーで左 SB を務める DF マルコス・アロンソのパフォーマンスが大きく落ち込んでいる中、ノッティンガム・フォレスト FC 戦やスパーズ戦など、最近の試合で印象的な活躍を見せているサントス FC のユース出身のエメルソンへの呼びかけが、着実なスタートを切って進められているところを見てきた。

サッリはこのテーマを取り上げ、シーズンのこの時点までにアロンソよりもエメルソンを選ぶという彼の躊躇は、エメルソンの優れた身体的属性によるものであることを明らかにした。

「私たちはあまりフィジカルのチームではないので、時々私は彼を入れるのに少し問題を抱えていた。したがって、同じ試合で 3人の小さなプレイヤーを起用したとき、セットピースは問題になるかもしれない。しかし別の理由ではない。 私は彼にとても満足している。 彼は成長していて、彼はとても良い選手だ。」

引用元 101 Great Goals、和訳者 cheren

スポンサーリンク

売り物じゃない!

マウリツィオ・サッリは、エメルソンがチェルシーに残留すると主張している。

引用元 Twitter、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました