サッリ、チェルシー経営陣にアザールに関するトランスファーメッセージを送っていたらしい

Chelsea

画像出典元 Daily Star

チェルシーのシーズン開始当初の戦術が看破され、試合戦績が悪化し始めてから採用した FW エデン・アザールの「偽9番」起用について、サッリはアザールのベストを引き出せないとして、センター FW の役割を担えるプレイヤーの獲得をチェルシー経営陣に訴えていたと現地メディアが噂しているようです。

 

引用記事

Chelsea news: Maurizio Sarri sent Eden Hazard transfer 'message' to board this month
CHELSEA boss Maurizio Sarri was sending a transfer message to the Blues board by playing Eden Hazard in a central role.

チェルシー指揮官マウリツィオ・サッリは、中心的な役割で FW エデン・アザールをプレイすることについて、ブルーズの経営陣にトランスファーメッセージを送信していた。

スポンサーリンク

この情報は、元ブルーズのストライカーであるクリス・サットンによるものである。

FW オリビエ・ジルーと FW アルバロ・モラタがパフォーマンスに苦労していたので、サッリは最近数週間の間、アザールを「偽9版」の役割で執念深く起用し続けていた。

しかし、FW ゴンサロ・イグアインがシーズン終了までレンタルで加入したため、ベルギー人は今、彼がより快適と感じるウィングポジションへ戻ることになるだろう。

そしてサットンは、アザールをストライカーとしてプレイすることについて、サッリがチェルシーの経営陣に今月中に新たな FW が必要だというメッセージを送っていたと考えている。

「間違っているかもしれないが、アザールがプレーするとき、彼とジルーは良い関係を持っていたように思う。」と The Sportsman’s Perfect 10 game を宣伝するサットンは語った。

「彼は中心が好きだった。

「彼がリーダーではないというコメントに、アザールが満足するかどうかはわからない。

「しかし、大事なことは、彼が白いラインを横切ってチェルシーのシャツを着てプレーするとき、アザールは自分の好きなポジションでプレーしたいと思っていて、それはセンター FW ではない。

「それは実際に意味のある動きであり、彼がモラタやジルーとプレーしなかったという事実が物語っている。

「サッリは自分が望むストライカーを獲得してもらうために経営陣にメッセージを送っていた。その中心的な役割を演じないほうがアザールに合うだろう。」

今週、イグアインの入団会見で彼は次のように話している。

「マウリツィオ・サッリは、私のキャリアの中でプレイヤーとして最高の成績を収めたときの監督だ。

「彼は、特に感情的な側面で私と一緒に仕事をする方法を知っていた人だ。

「一緒になったあの年は素晴らしく、大部分は彼のおかげで、彼と仕事をすることは私にとって非常に重要だ。」

今晩、イグアインはチェルシーでデビューを果たしている。

ブルーズは、スタンフォード・ブリッジでの FA カップでシェフィールド・ウェンズデイ FC と対戦している。

引用元 Daily Star、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました