「モラタよりチェルシーに攻撃的な存在感を与える」イグアインのチェルシーデビュー戦の評価

Chelsea

画像出典元 football.london

FW ゴンサロ・イグアインがユベントス FC からレンタルでチェルシーに加入して最初の公式戦、FA カップ 4回戦のシェフィールド・ウェンズデイ FC 戦での 81分のプレーに関する評価について、ゴールこそは挙げられず静かなパフォーマンスだったものの、「モラタよりも存在感がある」と格下相手ながら概ね好意的な評価が付けられているようです。

 

引用記事

What the media said about Gonzalo Higuain's Chelsea debut
The striker played his part in the 3-0 FA Cup win over Sheffield Wednesday

ストライカーは FA カップのシェフィールド・ウェンズデイ FC 戦での 3-0 勝利に貢献した。

スポンサーリンク

チェルシーファンは、3−0 での勝利を飾った日曜日の夜に行われた FA カップのシェフィールド・ウェンズデイ FC 戦で、FW ゴンサロ・イグアインを初めて垣間見ることができた。

木曜日の試合には契約が間に合わなかったため、トッテナム・ホットスパー FC 戦で起用することができなかった元 SSC ナポリ監督であるマウリツィオ・サッリは、イグアインをチャンピオンシップのクラブに直撃させた。

31歳の FW ウィリアンの 2ゴールと FW カラム・ハドソン=オドイのゴールでチームは FA カップ 5回戦へコマを進めた。この試合でイグアインのゴールこそは生まれなかったが、彼はブルーズでの自身のクオリティの一端を垣間見せた。

インテリジェンスを感じるランニングに続き、前半に彼のシュートが大きく反っていたのを見て、ストライカーは FW オリビエ・ジルーのチェルシーでの最終段階へ突入させた。

以下が、元レアル・マドリードのイグアインに関してイングランドのメディアが報道した内容である。

引用元 football.london、和訳者 cheren

Daily Mail

「ハドソン=オドイの貢献は、デビュー戦のゴンザロ・イグアインのそれを上回ったが、ユベントスからのレンタルで加入して最初のスタートでチャンスを手に入れるのは困難だった。」と Daily Mail の Adam Crafton は記している。

「彼はファーストハーフに最も接近し、MF マテオ・コヴァチッチからの低い針の穴を通すようなスルーパスを足元に収めたが、相手守備陣によって彼の努力がブロックされるのを目にした。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

The Guardian

「ウェンズデイはうまく訓練されていた。バックスの 4人は、軽快に走り、そしていくつかの鋭い動きを示したイグアインに対して、辛抱強く連携を見せた。イグアインは新しいチームメイトとはまだ同期していなかった」と The Guardian の David Hytnerは述べた。

「彼は前半のある機会にフリーとなった。DF トム・リーズだけがブロックするためにマテオ・コヴァチッチのパスにしっかりと対応した。イグアインは、わずかにオフサイドに見えた。後になって彼はヘッダーは大きく逸れた。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

スポンサーリンク

The Independent

「ゴンサロ・イグアインは、チェルシーのデビュー戦ではもっと静かだった。チャンスは 2回しかなかった。1つのチャンスでディフェンスに阻まれる前、別のチャンスで大きく逸してしまった。」と The Independent の Miguel Delaney は語った。

「彼の最も意義深い貢献は、おそらく最初のゴールシーンでウィリアンに PK のチャンスを与えることだった。そして、ハドソン=オドイの活躍を凌駕する試合の最も有意義な議論を提供した。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

The Telegraph

「このような背景の中で、サッリが今シーズン 7回もハドソン=オドイをスターターに起用したこと、そして彼のゴールは自然に見出しを引き付けるだろうが、それ以外の点では、実際にはかなり静かなパフォーマンスだった。」とThe Telegraph の Jeremy Wilson は記している。

「木曜日のカラバオ・カップ準決勝でトッテナム・ホットスパーに勝利した試合から 8人の変更のうちの 1つであった、チェルシーデビュー戦のゴンサロ・イグアインについても同じことが言えるだろう。

「イグアインは、後半のヘッダーが最も彼のチャンスに近かった。そしてチェルシーで長年に渡って過小評価されたオリビエ・ジルーと 82分に交代するまで、FW アルバロ・モラタよりも攻撃的な存在感を与えていた。

「ロシア・ワールドカップの優勝メンバーのジルーは、すぐにチェルシーの 3点目となるウィリアンのゴールをお膳立てした。そして今週末、モラタはアトレティコ・マドリードでメディカルチェックを受ける。

「少なくともチェルシーは、メインストライカーポジションに関して改良されたオプションで移籍ウィンドウを終えるべきだ。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

Goal

画像出典元 football.london

「比較的静かだったが、イグアインのパフォーマンスはまだチェルシーでの前任者より以前として心強い改善であった。」と Goal の Nizaar Kinsella は記している。

“ブルースでの闘いの間、ボールタッチや関与の欠如はアルバロ・モラタの影響を受けたかのように見えたが、イグアインは正しいプレーを続け、常に試合を進めていた。

「イグアインはチャンピオンシップのうち最もフィジカルに強いチームの 1つと対戦したため、これは彼にとってイングランド・フットボールへの素晴らしい紹介となっただろう。そして、大きな 2人のセンターハーフやヨークシャーのクラブが誇る強力な中盤との戦いで、元レアル・マドリードの選手は身体的に有能に見えた。

「彼の動きは鋭く、そして彼が発見された時、シェフィールド・ウェンズデイを脅かした。彼の最初の努力は DF にブロックされ、そして彼の 2度目の試みは大きく逸れてしまった。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

スポンサーリンク

Sky Sports

「イグアインは、チャンピオンシップの対戦相手に対してボールの適切な最初のタッチを得るまでに、試合開始後 8分まで待たなければならなかった。」とSky Sports は報じた。

「しかし、彼の捉えがたい動きで、強力な FW がチェルシーの攻撃の中心として活躍することができる理由の兆候がすぐに顕れた。

「主にセカンドチームの一員として、彼が FW エデン・アザールとどのように連携できるかについては、まだ手がかりがほとんどない状態である。しかし、ベルギー人と中盤のプレイメーカー MF ジョルジーニョの両名がイグアインのペナルティボックス内のスペースを活用できれば、きっと恩恵を受けることになるだろう。

「最初の 20分以内に至近距離からシュートを放ったとき、彼はマーカーの足だけでブロックされた。しかし、これは年の変わり目以降、彼の 2試合目のプレーであり、それは心強い努力だった。」

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました