ルーベン・ロフタス=チークの復帰は中盤の問題を修正する

Chelsea

画像出典元 The Chelsea Chronicle

今年初めの FA カップ 3回戦のノッティンガム・フォレスト FC 戦で背中の負傷により戦線離脱を余儀なくされた MF ルーベン・ロフタス=チークが先日の FA カップ 4回戦シェフィールド・ウェンズデイ FC 戦で復帰したことで、ロフタス=チークの起用が中盤の創造性の欠如という問題を解決する一手になるとメディアが報じているようです。

 

引用記事

Ruben Loftus-Cheek’s return for Chelsea will fix midfield area
Chelsea secured a routine 3-0 win over Sheffield Wednesday at the weekend in the FA Cup fourth round and it was a fairly mild affair. But aside from a Gonzalo H...

週末の FA カップ 4 回戦で、チェルシーはシェフィールド・ウェンズデイ FC に 3-0 で無難に勝利した。それはかなり穏やかな事件だった。

スポンサーリンク

しかし、FW ゴンサロ・イグアインのデビュー戦であることと、FW カラム・ハドソン=オドイがゴールを挙げたことを除けば、おそらく MF ルーベン・ロフタス=チークにとって復帰という最も重要なイベントがあった。

ブルーズは、背中の怪我により 1月 2日以降戦列離脱を余儀なくされた 23歳の若手プレイヤーをセカンドハーフの交代要員として迎え入れた。

ロフタス=チークは、最近のプレー実績の欠乏とそれによる成長の後退が顕著となる前に、スタンフォード・ブリッジでファースト・チームに真のインパクトを起こし始めていた。

マウリツィオ・サッリ率いるチームは自身のチーム内でこのイングランド人 MF からの恩恵を大いに見逃しており、彼の復帰はそれらを後押しするはずだ。

チェルシーは、彼らの行路に戻るために FA カップとカラバオ・カップで直近の 2試合に勝ち残った。しかし、依然として彼らは中盤に深刻な問題を抱えたままである。

サッリの標榜する攻撃的なフットボールスタイルは、ポゼッションの占有とチャンスの創出に基づいていますが、中盤では独創性が明らかに欠如している。

ロフタス=チークは、MF エンゴロ・カンテや MF ジョルジーニョよりもはるかにゴールの生み出すチャンスを創出する可能性があるため、中盤の中心には非常に必要とされる十分な冷酷さを与えるべきだ。

彼は今シーズンの全大会わずか 18試合で 6ゴールを決めており、重要なチェルシーの選手となるための資質を持っている。

スポンサーリンク

週給 35,000ポンド(約501万円)を稼ぐロフタス=チークは、昨年のクリスタル・パレス FC へのレンタル期間中に改善し、中盤の領域を支配できるパワーホースに成長しようとしている。

ロフタス=チークは、身体の状態が完全に戻ったときに MF ロス・バークリーと MF マテオ・コヴァチッチと同じ立場に戻ることになっているため、チームの結束力の欠如に対するサッリの答えは、ロフタス=チークをしっかりと直視することだろう。

引用記事 The Chelsea Chronicle、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました