ファブレガス、チェルシー退団理由がティエリ・アンリからの電話であることを認める

Chelsea

画像出典元 Squawka Football

今冬の移籍ウィンドウでチェルシーファンから惜しまれながらフランスリーグ1 の AS モナコへ移籍した MF セスク・ファブレガスが、モナコへの移籍理由として、当時の監督だったアーセナル時代の盟友ティエリ・アンリからの要請が大きな動機となった、とメディアのインタビューで応えたようです。

 

引用記事

Fabregas admits now-sacked Henry was his main reason for leaving Chelsea
Cesc Fabregas has admitted a reunion with former Arsenal teammate Thierry Henry was a big motivation for him to join Monaco from Chelsea this transfer window.

MF セスク・ファブレガスは、元アーセナル FC のチームメイトだったティエリ・アンリとの再会が、この移籍期間中にチェルシーからモナコへ移籍する大きな動機となったことを認めた。

スポンサーリンク

アンリは 10月に AS モナコをリーグ1 の降格ゾーンから引き上げるためにファースト・チームの指揮官に就任したが、一連の悪い結果のため先週解雇された。

アンリのモナコ指揮はどれほど悪かったのだろうか。知っておくべき5つの重要事項。

  1. アンリが指揮官を引き継いだとき、モナコは既にリーグ1 降格ゾーンに居た。そして、モナコは 19位に留まったままである
  2. アンリはリーグ1 の 12試合でわずか 2勝しか挙げられなかった。更に、ホームゲームでは 1勝もできていない。
  3. フランス人監督は、多くのケースでモナコの選手たちを批判した。結局、トレーニングのため、ファースト・チームの何人かのメンバーをリザーブに送り込んだ。
  4. その結果、アンリは木曜日にクラブから職務停止処分を受け、その後クラブから解雇される決定を下された。
  5. アンリは 3ヵ月前まで手綱を握った人物であるレオナルド・ジャルディムに置き換えられた。

 

しかし、フランス人は全大会にわたって 20試合を指揮したもののわずか 4勝しか挙げられなかった。そのため、アンリの前にモナコを指揮していたレオナルド・ジャルディムが再びモナコを率いることとなった。

ファブレガスは、1月の移籍期間の間にアンリが行った多くの契約のうちの 1人だった。そしてスペイン人 MFは、アンリの指揮下で 3試合しかプレイできなかったことから、明らかに彼の友人の解雇に失望している。

「嘘をつくつもりはない。モナコに来た主な理由の 1つは、ティエリが私に電話してきたことだ。」2003年から 2011年まで、アーセナルでアンリと共にプレイしてきたファブレガスは発言した。

「彼は私に全試合、フルタイムでプレイして欲しがった。」

アンリのフットボール監督生活としての最初のキャリアがそのような失望であったにもかかわらず、ファブレガスは次の機会に元気を取り戻すために元ベルギー代表アシスタントコーチである友人を後援している。

「彼は本当にトップクラスの監督になると思う。私はそれを確信しているので、私たちは「ティティ」のことを悲しく思う。」とファブレガスは付け加えた。

「フットボールは待ってくれないし、おそらく時期が熟していなかったか、彼の計画、あるいはやりたがっていたことをすべて達成する時間がなかったのだろう。それが人生で、起こりうることだ。」

ファブレガスは、アンリとの再会を望んでいたと思われ、確かにチェルシーから一流のフットボールチームを探していたが、その移籍は、アーセナルの元副会長だったデイヴィッド・ディーンの息子であるダレン・ディーンが、ファブレガスとアンリのエージェントであるという事実によって、大いに促進された。

モナコには多岐にわたる MF の候補リストがあり、将来の利益を得るために選手を売却するという観点からクラブの購買方針に合わないため、31歳のファブレガスは候補の優先順位としては低かった。

スポンサーリンク

FW ジェルソン・マルティンスがモナコでのサバイバルレースに参加

現在、モナコはリーグ1 で 19位に低迷しているが、安全圏からわずか勝点 3ポイント差であり、アトレティコ・マドリードのウィンガー、ジェルソン・マルティンスが最近モナコへ加入したことによって勢いが後押しされている。

ポルトガル代表は、2018年の夏にアトレティコに入団してからわずか 1試合しか出場できておらず、ファースト・チームでの時間確保に苦戦していたことから、今シーズン終了までモナコへのレンタル移籍が実現した。

23歳のマルティンスは、新しいチームメイトが現在の苦境から抜け出すのを手助けしたい考えだ。

「私は ASモナコに入団できてとても嬉しい。 新しいチームメイトと一緒に試合に戻って、チームを助けるために全力を尽くすことが待ちきれない。」

モナコの次のリーグ1 の試合は、土曜日に開催されるホームでのトゥールーズ戦だ。

引用元 Squawka Football、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました