ボーンマス指揮官、サッリ・ボールの致命的な弱点を明らかにする

Chelsea

画像出典元 football.london

昨日のプレミアリーグ AFC ボーンマス戦で 0−4 の大敗を喫したチェルシーですが、ボーンマスの指揮官エディ・ハウがサッリ・ボールに対する弱点を効果的に突いた戦術についてコメントしたようです。

月次な言葉ですが、マウリツィオ・サッリの標榜するサッリ・ボール、延いては今シーズンのチェルシーの最大の危機が訪れようとしているかもしれません。この 2月は来季チャンピオンズ・リーグ出場権を賭けたまさに崖っぷちの正念場といえるでしょう。

 

引用記事

The Eddie Howe comment that is a damning indictment of 'Sarri-ball'
The Blues dominated possession but had nothing to show for it at Bournemouth

ブルーズはポゼッションを支配したが、それが AFC ボーンマスに示すものは何もなかった。

スポンサーリンク

ボーンマスの指揮官であるエディ・ハウは、チェルシーのマウリツィオ・サッリの大ファンであり、彼のチームにフットボールの目指す方向についてしばしは話している。

しかし、試合の後にイギリス人から発せられたコメントが 1つあった。これは、ブルーズが今展開している「サッリ・ボール」の憂慮すべき批判である。

サッリは、速く自由に流れるフットボールの伝道師だという評判でプレミアリーグにやって来た。こそれは対戦相手のディフェンスを困難にし、本当に相手にダメージを与える可能性があった。

しかし、現時点でブルーズのファンが目にしているのは、チェルシーの攻撃的なプレーが予測可能になり、多くの対戦相手のチームがディフェンスし易いようになったチェルシーの姿だ。

昨夜のチェリーズへの 0−4 の大敗で、特に彼らが MF マテオ・コヴァチッチを通じて勝利までもう一歩のところまで迫った前半、ブルーズがすべてのシーズンを終えたようにポゼッションを支配した。

ハウは試合後、ハーフタイムに選手たちに語ったことを明らかにした。しかし、それはサッリがブルーズでどのようにプレーしたいかという将来の心配事である。

「ポゼッションを失っていても心配しなくても良い」とハウは語った。

「ボーンマスで監督をしているとき、私はそう何度も言ったことはないと思う。私たちはその試合のポゼッションを支配するつもりはなく、ボールの無い状況でも問題ないということをときには理解しなければならない。

「彼らにボールを持って貰うのではなく、彼らが私たちがやるよりも、ただ多くボールを持っているだけだと理解した。技術的には、彼らにはワールドクラスのプレイヤーがたくさん居る。彼らの指揮官が指揮する方法を試合で見るのは素晴らしい。私たちは本当にその嵐を乗り切らなければならなかった。

「私をとても喜ばせたのはチェルシーに対する戦術だった。私たちは FW アザール、FW ペドロ、FW イグアインに対処して、ボールの周りに体を入れた。私たちはディフェンス、相手プレイヤーの追跡に懸命に取り組み、1対2 の数的優位を維持し、ただ彼らを苛立たせただけだった。」

対戦相手の監督から、他のチームがボールを支配して幸せだというコメントが飛び出すのはあまりないだろう。しかし、それが「サッリ・ボール」が今や陥っていることなのである。

スポンサーリンク

ハウは試合中、MF ジョルジーニョに多くのポゼッションを取らせないように MF デイヴィッド・ブルックスと FW ジョシュア・キングにイタリア代表を徹底的に監視するタスクを与え、そして彼らはその戦術を成功させた。

一方、ペドロ、エデン・アザール、ゴンザロ・イグアインの前線 3人にボールを持たせず自由にさせないよう、彼らはあらゆる機会に狙われた。

心配なことは、すべてのチームがチェルシーとの対戦時、本当に彼らの攻撃を阻止して逆にカウンター攻撃で彼らにを深刻なダメージを負わせる方法を考え出したことだ。

もちろん、すべてのチームがそれを実現できるわけではない。しかし、ボーンマスはこの試合で確かにこの戦術を成功させた。そして、ハウのこれらの言葉を聞いた他クラブが、シーズン当初のようにブルーズを恐れないことを意味している。

引用元 football.london、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました