チェルシー経営陣がサッリへの忍耐力を失っている2つの理由

Chelsea

画像出典元 Football365

先日のプレミアリーグ AFC ボーンマス戦の大敗で、チェルシーのボードがマウリツィオ・サッリについて我慢の限界に近づいていることを複数の地元メディアが報じているようです。この大敗でサッリに対する様々な不満が一斉に吹き出してしまっているようです。

 

引用記事

Two reasons Chelsea's board are losing patience with Sarri - Football365
Football365 - Chelsea's board are unhappy with manager Maurizio Sarri for two reasons, according to a report.

とある報道によると、チェルシーの取締役会は 2つの理由からマウリツィオ・サッリ監督に不満を抱いているようだ。

スポンサーリンク

ブルーズは水曜日に AFC ボーンマス戦で 0-4 とロマン・アブラモビッチ時代における最大の敗北を喫した。

試合後に行われたドレッシング・ルームでの詰問は、サッリがチームのパフォーマンスをバラバラにした結果、プレミアリーグで 5位に滑り込んだ結果として 1時間近く続けられた。

The Telegraph は、ドレッシング・ルームに閉じこもった間にサッリが自問自答し、そして「指示に従わなかった」として FW エデン・アザールを含む特定の選手に向けて名指しで批判したと報じた。

そして試合後の記者会見で、彼は自分のチームで「精神的ブラックアウト」が続いていることについての混乱を認めた。

「私たちは何よりも精神的に苦しんでいる。私たちは特定のスタイルのサッカーを学んだと思っていたが、実際には私たちがそれを学んだことは一度もなく、結果を出せていないということだ。」と彼は Sky Sports に語った。

「時々、このチームは私の理解の及ばない方法で反応するので、それがいくらかの不確実性を生み出している。

「恐らくいくつかのステップは避けられなかったが、なぜ私たちがこういった精神的ブラックアウトに陥っているのか、そしてそれらを止めるために何ができるのかを理解する必要がある。」

The Times は、クラブの上位層が現在サッリに 2つの理由で不満を持っていると主張している。そのうちの 1つは、彼がプレイヤーを公式の場で批判する傾向があることだ。

もう 1つの理由は、バイエルン・ミュンヘンへの移籍に関する誘惑に駆られたヤングスター FW カラム・ハドソン=オドイの起用方法におけるサッリの明らかな消極的さを取り巻くものである。

スポンサーリンク

ハドソン=オドイは、ドイツのチャンピオンから 3500万ポンド(約50億円)の入札の対象となっているが、ブルーズは彼を売却するつもりは全くない。

そのウィンガーは、クラブでの試合出場時間が足りないことに不満を抱いている。

引用元 Football365、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました