サッリはグアルディオラのやり方をコピーしている

Chelsea

画像出典元 Daily Star

先日のプレミアリーグで AFC ボーンマス戦に完敗した後、メディアやサポーターたちはサッリの戦術にプランB への転換を要求したものの、サッリはプランA を貫き、次のハダースフィールド・タウン FC 戦では逆に大勝を収めました。この頑なな戦術について、とあるジャーナリストはサッリがマンチェスター・シティ FC の指揮官ペップ・グアルディオラのやり方をコピーしていると指摘しているようです。

 

引用記事

Chelsea news: Maurizio Sarri is COPYING Pep Guardiola - journalist explains how
MAURIZIO SARRI is copying Pep Guardiola at Chelsea.

マウリツィオ・サッリはチェルシーでペップ・グアルディオラをコピーしている。

スポンサーリンク

ジャーナリストの Gabriele Marcotti によると、プランA にこだわることはまさにグアルディオラのプレイブックの徹底的なコピーであるとのことだ。

ブルーズが水曜日の AFC ボーンマス戦で 23年ぶりの最も重いプレミアリーグの敗北を喫したことで、サッリはスタンフォード・ブリッジで大きなプレッシャーに晒されている。

MF デイヴィッド・ブルックスと DF チャーリー・ダニエルズ、加えて FW ジョシュア・キングの 2得点は、彼らがバイタリティ・スタジアムで 4−0 というハンマーを振りおろす完勝を果たしたことを意味していた。

この敗北の後、サッリは現在のシステムを他のものに切り替えるのではなく、このシステムをもっと効果的に実行しようと試みると発言した。それは、昨日のハダースフィールド・タウン FC 戦における 5-0 の勝利で効果があったように見えた。そして Marcotti は、サッリがマンチェスター・シティのグアルディオラと同じアプローチを採用していると考えている。

「プランA、プランB、そして彼も記者会見でそれを参照した。これは元々はヨハン・クライフがかつて発言していたことだ。そしてヨハン・クライフの言を借りたペップ・グアルディオラのコメントであり、そしてサッリの考えの一部でもある。プランA が機能しない場合は、もっと上手くプランA を実行することだ。」彼は ESPN FC で語った。

「プランAが正しいプランだと思ったときは、プランB に切り替えてはいけない。

失敗したとき、それは間違ったプランだったか、あるいは元のプランを上手く実行していないからだ。そして、サッリは自分のプランを正しいものだと考えている。それが正しいのかどうかは時が経てば分かるだろう。

「しかし、だからこそ、彼はすべてを変えて、MF エンゴロ・カンテを 4バックの前に置くつもりはない。それはサッリのプランではないからだ。

「ペップ・グアルディオラもこれを説明した。覚えているだろうか、昨シーズンの 10月に人々は彼に向かい、こう言った。『ああ、あなたは変わった。DF ガエル・クリシーと DF バカリ・サニャが結局中盤で何でもしていたとき、最初のシーズンで 4位に終わったために皆が彼をからかった。』

「そして彼は出てきて言った。『いや、概念はまったく同じだ。時おり私たちはフォームを微調整するが、考えは同じであり、概念は同じであり、哲学は同じである。しかし、人々は最初に哲学を理解しなければならない。それから、彼らは変更を加えることができる。』

「ペップはまた、最初のシーズンに彼があまりローテーションしなかった理由を強調して言った。『試合をこなしながらこれを教えられるのは、12 から 14人のプレイヤーが限界だ。』これは、サッリも同様にほのめかしたものだ。

「サッリは愚かだと考えることはできる。なぜなら、サッリは自分がペップ・グアルディオラだと思っていて、ペップのものをコピーしようとしているからだ。だが、これはペップのプレイブックからは直接外れたものだ。

「多分ペップはそれをもっと上手くやり、多分もっと上手な指揮官であり、多分もっと優れた選手がいて、そして多分彼はもっと長い時間を持っていた。たぶんそれはサッリに比べてすべて良かったのだろう。しかし、サッリが狂気になったわけではなく、彼はこのプレイブックをフォローしている。」

水曜日の夜の沿岸でのホラーショーを終えて、スタンフォード・ブリッジでサッリを恐れていた多くの人が、懸念の原因としてロマン・アブラモビッチオーナーの悪名高き引き金を引きたくてウズウズしている指を指摘している。

しかし、Marcotti はチェルシーを「神話」として狂った略奪クラブであるという考えでラベル付けした。

スポンサーリンク

「チェルシーがこのビジネスで非常にインパクトのあるクラブであることについては、確かにサッリの過去におけるインパクトのあるクラブと同じかそれ以上のものだった。しかしそれはまた一種の神話だ。」と彼は言った。

「チェルシーの直近の 2人の監督、アントニオ・コンテとジョゼ・モウリーニョだが、コンテは事実上自分からチェルシーを退団し、モウリーニョはあらゆる種類の法的問題と追放ゾーンの瀬戸際でクラブ全体を席巻した。

「それ以前は、実際に経由した暫定監督やそのナンセンスな全てをカウントしてはいけない。実際にはチェルシーは狂った解任クラブではないことがわかるだろう。アブラモビッチは今、人生の異なる場所と時間に居る。彼が 10年前と同じ人だとは思わない。」

引用元 Daily Star、和訳者 cheren

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました