グアルディオラのシティはチェルシーにとっての良い教材となる

Chelsea

画像出典元 FootballFanCast.com

今週末に開催されるプレミアリーグのビッグマッチ、マンチェスター・シティ FC 戦で、とある地元メディアがチェルシーの不安定なパフォーマンスを改善する教材として、この対戦でシティが用いてくる戦術などが参考になるとやや上から目線で論じているようです。

・・・なんとか見返して欲しいですね

 

引用記事

Man City will teach Sarri a very important lesson next weekend - opinion | FootballFanCast.com
Manchester City can teach Chelsea the value of possession this weekend as the two sides go head-to-head at the Etihad Stadium

マンチェスター・シティ FC はプレミアリーグの重要な一戦であるチェルシーと対戦する。

スポンサーリンク

月曜日の夜にウェストハム・ユナイテッド FC とレッズの衝突でドローとなったことにより、リバプールとの勝点差を 2ポイント縮めることとなったが、その前日にアーセナル FC を 3-1 で圧倒したおかげで、シティはマウリツィオ・サッリの一貫性のないブルーズに対する勢いを保ち続けようとしている。

シティは、プレミアリーグ内におけるポゼッションを主体とするチームの中で最高のチームであるといえる。

ペップ・グラウディオラのチームは、定期的に対戦チームを握り潰しているが、彼らが出すパスには各々意図が込められている。

MF ケヴィン・デ・ブライネや MF ダビド・シルバのようなプレイヤーはいつもチームメイトを見つけ出し、常に自チームの FW を直視して、ディフェンスラインを迂回しようとしている。

彼らはアーセナルに対して 59%のポゼッションを保持し、シュート数 19のうち 12個は枠内を捉え、613回のパスを 87%の成功率で達成した。

これとは対照的に、チェルシーは今シーズン、これまでのところマウリツィオ・サッリのゲームプランの実装に苦しんでいる。

ハダースフィールド・タウン FC 戦における 5-0 での勝利には、彼らの批評家たちからの拍手を取り戻すには十分な戦果だったが、AFC ボーンマスに 0−4 で完敗したことは彼らの最近の弱点を丸裸にしている。

この大敗した試合では、チェルシーは 68%のボール支配率、そして 716回のパスを試みて 89%の成功率を記録している。

チェルシーはボールを左右に動かし続けているが、実は彼らのプレーには全く意味がない。それに対してシティは全く逆で、永遠に FW にパスしながら相手ディフェンスラインを越えて行こうとしている。

グアルディオラは、サッリにポゼッションを維持する芸術に関する何かを教えることができる。

イタリア人監督は、チェルシーにボールで相手チームを傷つける方法をまだ示せておらず、その代わりに彼らに服従を強いてうんざりさせている。

カウンターから GK ケパ・アリサバラガをやり過ごして 4ゴールを獲得したボーンマスが証明したように、単に待つことを選択することも一つの方法である。

スポンサーリンク

この週末は、もちろん、チェルシーがポゼッションを放棄して自分自身を殻を破ろうとする姿が見られるかもしれないが、いずれにしろ彼らにはシティが展開するプレーのやり方からメモを取ることをお勧めする。

チェルシーがボールに対して活動的でない一方で、シティは魅惑的で、永遠にボールを回し、パターンを編成し、そしてボールキープを介して相手を圧倒する。

彼らが今週末にも同じことをすることを期待していて欲しい。チェルシーファンはサッリが細心の注意を払うよう願っていなければならない。

引用元 FootballFanCast.com、和訳者 cheren

コメント

タイトルとURLをコピーしました