GKカバジェロ、チェルシーで「本当に良い」スタートを切ったケパ・アリサバラガを賞賛

Chelsea

画像出典元 We Ain’t Got No History

チェルシーの最近の不安定な戦績の中、あまり批判の矢面に挙がることの少ない今シーズンに加入した GK ケパ・アリサバラガのパフォーマンスについて、サブの立場でチームを支える GK ウィルフレード・カバジェロがインタビューで称賛のコメントを語ったようです。

 

引用記事

Caballero praises priceless Kepa for ‘really good’ start to Chelsea career
Arrizabalaga, the world’s most expensive goalkeeper, has adapted quickly, smoothly, almost flawlessly to life in the Premier League

世界で最も高価な GK であるケパ・アリサバラガは、プレミアリーグでの生活にすばやくスムーズに、ほぼ完璧に適応した。

スポンサーリンク

フットボールの他のどのポジションよりも、1つのミスが偉大さと恥辱の違いを意味する GK のパフォーマンスは、判断が難しい場合がある。

しかし、ケパ・アリサバラガがチェルシーでのキャリアをどれほどうまく始めたかを示す 1つの明確な指標は、上昇するのが稀な彼の移籍金額である。

結局のところ、この移籍金は目を見張るような世界記録を達成し、今日の市場、そしてそしてチェルシーにとってさえ、8000万ユーロ(約100億円)を支払うことは一般的なことではない。

しかし、夏にさかのぼっていくつか質問があった後、実際に言及されたのは、その莫大な移籍金に対する言及が殆どなされなかったという事実である。

GK ウィルフレード・カバジェロへのインタビューの中でも明らかにされているが、チェルシーのバックアップ GK も久しくそれを快く思っていない。結局のところ「狂った市場」である。

代わりに、彼は、ケパの資質、進歩、そしてパフォーマンス、これら全てか完璧に見えることについてもっと話したいと思っている。

「まず第一に、私たちは本当に上手く足でプレーする GK を必要としていた。彼はそれで本当にうまくやっている。彼は自信を持ってショート、ロング問わず良いパスを出している。

「それに加えて、彼は非常に素早い反応、良い手さばきを持っていて、そして彼はうまくこなしている。プレミアリーグへの適応には少し時間がかかることがあるので、彼も数週間から数ヶ月かかると思っていた。しかし、最初の試合から、彼は本当によくやっている。[中略] 私は彼のパフォーマンスは本当に良かったと思っている。」

– ウィルフレード・カバジェロ 出典:Goal

スポンサーリンク

カバジェロは、スペインのフットボールの 2つのディビジョン(ラ・リーガ2 のエルチェ CF とラ・リーガのマラガ CF)で大半のキャリアを過ごした後、2014年にプレミアリーグに舞台を移し、マンチェスター・シティ FC、そして今はチェルシーの主要なバックアップとして役割を果たしてきた。そして今それは完成の域に近づいている。

彼は来シーズンの契約をまだ結んではいないが、もし彼がプレーし続けることを望むのであれば、カバジェロに若いアリサバラガの開発を手助けして貰うためにチェルシーは喜んで契約延長を提供するだろう。

引用元 We Ain’t Got No History、和訳者 cheren

コメント

タイトルとURLをコピーしました