なぜMFマルコ・ファン・ヒンケルは2018-19シーズンのチェルシーに追加されたのか

Chelsea

画像出典元 football.london

今冬の移籍ウィンドウが閉まり、各チームのシーズン後半戦の陣容が固まったなか、チェルシーはファースト・チームのリストに MF マルコ・ファン・ヒンケルの名前が登録されていたことから、地元メディアは、ファン・ヒンケルがリストに載った理由を推察しているようです。

 

引用記事

Why Marco van Ginkel has been added to Chelsea's revised Premier League squad
The midfielder hasn't made a Premier League appearance for Chelsea in almost five seasons

この MF はプレミアリーグに出場していない状況が 5シーズン近く続いている。

スポンサーリンク

マウリツィオ・サッリは、2018/19 シーズンのチェルシーの改訂チームメンバーリスト 24人を選出した。

イタリア人戦術家は、信じられないほどうまくプレミアリーグでの生活を始め、最初の 5試合終了時には 100%の勝利を記録するほど誇らしい戦果を残した。そして、それは彼の最初のホームゲームとなったアーセナル FC 戦での 3-2 の勝利を含んでいる。

しかし、ブルーズはその高い水準を維持することができておらず、今ではガナーズや復活したマンチェスター・ユナイテッド FC と共にトップ4 残留レースに巻き込まれている。

話を 9月に戻して、サッリは MF ジョルジーニョ、GK の移籍金世界最高額で契約された GK ケパ・アリサバラガ、MF マテオ・コヴァチッチを 25人のチーム登録に含めた。彼らは 3枠の非「ホームグロウン」枠を占有した。

その規則では、各プレミアリーグのチームが「ホームグロウンプレイヤー」の基準を満たさない選手を 17人以下に留めなければならない旨が定められている。

25人の選手枠のうち、残りのプレイヤーは「ホームグロウン」でなければならない。ブルーズはこの規定を満たすために、MF ロス・バークリー、MF セスク・ファブレガス、MF ルーベン・ロフタス=チーク、MF ビクター・モーゼス、そして元イングランド代表 GK ロバート・グリーンといった選手をリストに含めた。

しかし、これらの選手のうち 2人は 1月の移籍ウィンドウを経てそのリストから脱落し、それ以来置き換えられている。

モーゼスは 18ヶ月のレンタル契約でフェネルバフチェ SK に加わるためにチームを去った。そして彼の椅子には、今シーズンの残りをユベントス FC から加入した FW ゴンサロ・イグアインが座っている。

先週のプレミアリーグでは、AS モナコへの移籍完了によりチームを去ったファブレガスの代わりに、MF マルコ・ファン・ヒンケルが登録されていた。

オランダ人は、2013/14 シーズンにチェルシーへ加入して以来、ブルーズでは注目されていなかった。そして、現在は深刻な膝の怪我により行動が制限されている。

しかし、ヒンケルはサッリからロンドン西部での彼のキャリアを復活させるチャンスを与えられる可能性がある。あるいは、来夏での恒久的な移籍のために店先に自分自身を置くことになるかもしれない。

ファン・ヒンケルは「ホームグロウン」プレイヤーとしてはカウントされない。しかし、FW アルバロ・モラタがアトレティコ・マドリードへレンタル移籍したことでブルーズの枠が 1つ減少し、ホームグロウン以外のプレイヤーに更なる枠が空くこととなった。

スポンサーリンク

ということで、ここにプレミアリーグのシーズン後半にチェルシーでプレーする資格があるすべての名前がある。

DF マルコス・アロンソ
GK ケパ・アリザバラガ
DF セサル・アスピリクエタ
MF ロス・バークリー*
GK ウィルフレード・カバジェロ
DF ガリー・ケーヒル*
DF アンドレアス・クリステンセン
DF ダニー・ドリンクウォーター*
FW オリビエ・ジルー
GK ロバート・グリーン*
FW エデン・アザール
FW ゴンサロ・イグアイン
MF ジョルジーニョ
MF エンゴロ・カンテ
MF マテオ・コヴァチッチ
MF ルーベン・ロフタス=チーク*
DF ダヴィド・ルイス
DF エメルソン・パルミエリ
FW ペドロ
FW ルーカス・ピアソン*
DF アントニオ・リュディガー
FW ウィリアン
MF マルコ・ファン・ヒンケル
DF ダヴィデ・ザッパコスタ

(*太字はホームグロウン枠)

引用元 football.london、和訳者 cheren

コメント

タイトルとURLをコピーしました