アロンソ

スポンサーリンク
Chelsea

FWイグアインを最大限に活用するために行うべき3つの戦術変更

プレミアリーグで大敗の後に大勝を挙げているとおり、チェルシーの最近の戦績の不安定さが指摘されている状況で、今冬の移籍ウィンドウでレンタル加入した FW イグアインを最大限に活用するため、とあるメディアが 3つの戦術変更を提唱しているようです。
Chelsea

サッリ、アロンソではなくエメルソンを起用することにより生じる「問題」について語る

最近、左 SB を任されている DF マルコス・アロンソのパフォーマンスの低下が顕著となっているなか、DF エメルソン・パルミエリの積極起用がファンやメディアを中心に叫ばれていますが、マウリツィオ・サッリはアロンソではなくエメルソンを起用することの問題点についてコメントしたようです。
Chelsea

サッリ・ボールが直面する問題、チェルシーの戦術的な頭痛のタネ

昨年 11月、今シーズンのチェルシーの快進撃に陰りが見え始めたエバートン FC 戦の引き分け以降、チェルシーの戦術が研究され弱点を突かれ始めたことで、チェルシーの戦歴は悪化の一途を辿っています。その原因となるサッリ・ボールの原理について、とあるメディアが解説しているようです。
スポンサーリンク
Chelsea

リュディガー、アロンソ、ランパードがハドソン=オドイにチェルシーへ留まるよう勧める

バイエルン・ミュンヘンが MF カラム・ハドソン=オドイに対してタンパリングを働いたと噂になっていますが、そんな情勢下でチェルシーのチームメイトやフランク・ランパードがハドソン=オドイに対してチェルシーに留まるようアドバイスを送っているようです。
Chelsea

サッリが監督を更迭される3つの理由と解任を回避する方法

今シーズンのプレミアリーグで開幕以来 11試合無敗を飾ったチェルシーも、トテナム・ホットスパー FC での敗戦から 3勝 3敗と急に戦歴が悪くなっている状況で、とあるメディアがロマン・アブラモビッチオーナーの我慢の限界に達してマウリツィオ・サッリの更迭に注目した論評を出しているようです。
Chelsea

チェルシーの「サッリ・ボール」習得をプレミアリーグ・クラブが恐れる理由

プレミアリーグでチェルシーがマンチェスター・シティ FC を破ったことで、シティの監督ペップ・グアルディオラやリバプール FC 監督ユルゲン・クロップとはまた違ったタイプの監督としてのサッリの采配がクローズアップされているようです。
Chelsea

チェルシーが来年1月に強化すべき3つのポジション

プレミアリーグで最もスケジュールの立て込む時期である年末年始を超えると、いよいよ冬の移籍ウィンドウが開幕しますが、とあるメディアが移籍市場でチェルシーが強化すべきポジションを 3つ挙げ、補強選手を予想しているようです。
Chelsea

マウリツィオ・サッリのプレースタイル「サッリ・ボール」の戦術分析

今シーズンからチェルシーを率いる監督マウリツィオ・サッリが導入したプレースタイル「サッリ・ボール」について、地元メディアがプレーの傾向を分析しているようです。
Chelsea

チェルシーは今後数ヶ月以内に選手の新しい契約について考えなければならない

チェルシーの来シーズン以降を見据えた動きの一つに選手の契約更改がありますが、既に契約延長が完了している FW ペドロ、DF マルコス・アロンソ以外にも、FW アザールや FW ウィリアン、DF ダヴィド・ルイス等の選手が控えており、今夏の GK ティボー・クルトワの二の舞を避けるようメディアが提唱しているようです。
Chelsea

チェルシーのセットプレー・ルーチンを解剖

今シーズン好調を維持しているチェルシーの好調の要因の一つとしてセットプレーの豊富さに着目した現地メディアが、チェルシーのセットプレーのパターンを解説しているようです。
スポンサーリンク