インタビュー

スポンサーリンク
Chelsea

GKカバジェロ、チェルシーで「本当に良い」スタートを切ったケパ・アリサバラガを賞賛

チェルシーの最近の不安定な戦績の中、あまり批判の矢面に挙がることの少ない今シーズンに加入した GK ケパ・アリサバラガのパフォーマンスについて、サブの立場でチームを支える GK ウィルフレード・カバジェロがインタビューで称賛のコメントを語ったようです。
Chelsea

サッリ、ジョルジーニョが今シーズンチェルシーで苦戦する理由を説明

今シーズン開始当初の快進撃と比べ、対戦相手の研究が進んだ今、ターゲットとして定められた MF ジョルジーニョの苦戦と比例するようにチェルシーのパフォーマンスも悪化している状況ですが、サッリの見立てではジョルジーニョの問題ではなく、ジョルジーニョを引き立てられない周りのプレイヤーが原因であるとコメントしているようです。
Chelsea

マウリツィオ・サッリ、「サッリ・ボール」を救済するためのプランを明かす

先日の AFC ボーンマス戦での大敗を含め、昨年末からプレミアリーグで不安定な戦歴となっているチェルシーですが、指揮官マウリツィオ・サッリは、戦術変更よりも今採用しているスタイルをベースに改善を加えていくことをコメントしたようです。
スポンサーリンク
Chelsea

チェルシー経営陣がサッリへの忍耐力を失っている2つの理由

先日のプレミアリーグ AFC ボーンマス戦の大敗で、チェルシーのボードがマウリツィオ・サッリについて我慢の限界に近づいていることを複数の地元メディアが報じているようです。この大敗でサッリに対する様々な不満が一斉に吹き出してしまっているようです。
Chelsea

ファブレガス、チェルシー退団理由がティエリ・アンリからの電話であることを認める

今冬の移籍ウィンドウでチェルシーファンから惜しまれながらフランスリーグ1 の AS モナコへ移籍した MF セスク・ファブレガスが、モナコへの移籍理由として、当時の監督だったアーセナル時代の盟友ティエリ・アンリからの要請が大きな動機となった、とメディアのインタビューで応えたようです。
Chelsea

サッリ、ドリンクウォーターの扱いについて方針転換することは無い

現在のチェルシーの中盤には、AS モナコへ移籍した MF セスク・ファブレガスの抜けた穴を埋める選手が居ない、あるいは中盤に創造性を持った選手が居ない等、中盤の問題点についてメディアが報じている状態ですが、そんななかでも今シーズン、マウリツィオ・サッリがチェルシー監督として就任してから冷遇され続けている MF ダニー・ドリンクウォーターが起用されることはないようです。
Chelsea

ウィリアン、ハドソン=オドイはチェルシーに留まるとコメント

トランスファーリクエストの提出が明らかとなり、様々なメディアの憶測を生んでいる FW カラム・ハドソン=オドイの去就について、同僚の FW ウィリアンはハドソン=オドイがチェルシーに残ることを主張し続けています。また、新加入の FW ゴンサロ・イグアインや、今シーズンサブの立場でチームを支える FW オリビエ・ジルー、そしてラ・リーガのアトレティコ・マドリードへのレンタル移籍でチームを去った FW アルバロ・モラタについてもコメントしているようです。
Chelsea

サッリ、アロンソではなくエメルソンを起用することにより生じる「問題」について語る

最近、左 SB を任されている DF マルコス・アロンソのパフォーマンスの低下が顕著となっているなか、DF エメルソン・パルミエリの積極起用がファンやメディアを中心に叫ばれていますが、マウリツィオ・サッリはアロンソではなくエメルソンを起用することの問題点についてコメントしたようです。
Chelsea

サッリとアザールは「共通点」を見つけるために懸命に努力している

アーセナル FC 戦後に主に FW エデン・アザールを槍玉に挙げて公然批判し、リーグ・カップのトッテナム・ホットスパー FC 戦で劇的な PK 戦勝利を収めた後のインタビューでアザールがその発言を「気にしなかった」ことで、彼らの不仲説に燃料が投下された形となっていますが、助監督のゾラがインタビューでその真意を説明したようです。
Chelsea

ユベントスDFルガーニ、今夏のチェルシーへの移籍の噂を一蹴

昨年夏、マウリツィオ・サッリが新監督に就任してから、ユベントス DF ダニエレ・ルガーニ獲得の噂が主にイタリアのメディアで報じられていましたが、ルガーニ本人がこの噂を否定している内容のインタビューが地元メディアに取り上げられているようです。
スポンサーリンク