ジョルジーニョ

スポンサーリンク
Chelsea

FWイグアインを最大限に活用するために行うべき3つの戦術変更

プレミアリーグで大敗の後に大勝を挙げているとおり、チェルシーの最近の戦績の不安定さが指摘されている状況で、今冬の移籍ウィンドウでレンタル加入した FW イグアインを最大限に活用するため、とあるメディアが 3つの戦術変更を提唱しているようです。
Chelsea

サッリ、ジョルジーニョが今シーズンチェルシーで苦戦する理由を説明

今シーズン開始当初の快進撃と比べ、対戦相手の研究が進んだ今、ターゲットとして定められた MF ジョルジーニョの苦戦と比例するようにチェルシーのパフォーマンスも悪化している状況ですが、サッリの見立てではジョルジーニョの問題ではなく、ジョルジーニョを引き立てられない周りのプレイヤーが原因であるとコメントしているようです。
Chelsea

バルセロナのMFはサッリのチェルシーの問題に対する答えとなるか

移籍ウィンドウが閉まってから間もない状況ですが、早速夏の移籍ウィンドウに向けた動きが報道されているようです。MF エンゴロ・カンテとバルセロナ FC の MF アンドレ・ゴメスの交換トレードの話が噂されているようです。
スポンサーリンク
Chelsea

ボーンマス指揮官、サッリ・ボールの致命的な弱点を明らかにする

昨日のプレミアリーグ AFC ボーンマス戦で 0−4 の大敗を喫したチェルシーですが、ボーンマスの指揮官エディ・ハウがサッリ・ボールに対する弱点を効果的に突いた戦術についてコメントしたようです。
Chelsea

ルーベン・ロフタス=チークの復帰は中盤の問題を修正する

今年初めの FA カップ 3回戦のノッティンガム・フォレスト FC 戦で背中の負傷により戦線離脱を余儀なくされた MF ルーベン・ロフタス=チークが先日の FA カップ 4回戦シェフィールド・ウェンズデイ FC 戦で復帰したことで、ロフタス=チークの起用が中盤の創造性の欠如という問題を解決する一手になるとメディアが報じているようです。
Chelsea

サッリ・ボールが直面する問題、チェルシーの戦術的な頭痛のタネ

昨年 11月、今シーズンのチェルシーの快進撃に陰りが見え始めたエバートン FC 戦の引き分け以降、チェルシーの戦術が研究され弱点を突かれ始めたことで、チェルシーの戦歴は悪化の一途を辿っています。その原因となるサッリ・ボールの原理について、とあるメディアが解説しているようです。
Chelsea

フィリペ・コウチーニョはチェルシーの中盤問題に対する1億ポンドの解決策

アーセナル戦での敗戦を機に各メディアが MF ジョルジーニョのパフォーマンスを批判している状況ですが、ジョルジーニョよりも 3人目の MF の必要性を訴えているメディアがあるようです。ただ、その候補には巨額の資金を要するようです。
Chelsea

チェルシーはジョルジーニョを中心にチームを構成するべきではない

先日のアーセナル FC 戦でのクリーンシートでの敗北により、プレミアリーグ 4位の座も危うくなってきたチェルシーについて、現地メディアはチェルシーの中心にジョルジーニョを据えるべきではないと批判しているようです。
Chelsea

マウリツィオ・サッリ、チェルシーはまだ戦術変更の準備が整っていない

プレミアリーグのビッグ・ロンドンダービーのアーセナル FC 戦を間近に控えた試合前会見で、チェルシー指揮官のマウリツィオ・サッリはチェルシーはまだ戦術変更を行う準備が整っていないと語ったようです。
Chelsea

チェルシーの新星アンパドゥ、ジョルジーニョのサブとしての役割に挑戦

今シーズンカップ戦を中心に試合出場を果たしている DF イーサン・アンパドゥは、AS モナコへ移籍した MF セスク・ファブレガスに代わって MF ジョルジーニョのサブとしての役割にチャレンジする可能性があると地元メディアが報じているようです。
スポンサーリンク