マンチェスター・シティ

スポンサーリンク
Chelsea

プレミアリーグのビッグ・クラブが影響を受ける新しいFIFAルール

近年、チェルシーやマンチェスター・シティ FC のようなプレミアリーグのビッグ・クラブを筆頭に、将来有望な大量の若手選手たちを所有しては欧州各国のクラブへレンタルに出す、所謂青田買いシステムの形態が公然と存在していますが、FIFA はこの流れに一定の制限をかけようといているようです。
Chelsea

チェルシーの「サッリ・ボール」習得をプレミアリーグ・クラブが恐れる理由

プレミアリーグでチェルシーがマンチェスター・シティ FC を破ったことで、シティの監督ペップ・グアルディオラやリバプール FC 監督ユルゲン・クロップとはまた違ったタイプの監督としてのサッリの采配がクローズアップされているようです。
Chelsea

リュディガー、スパーズ戦とウルブズ戦の敗北はチェルシーにとって必要だったと語る

トッテナム・ホットスパー FC 戦とウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ FC 戦での敗戦の後、プレミアリーグ優勝争いから脱落する危機的な状態だったチェルシーを堅調な守備で救いマンチェスター・シティ FC 戦の勝利に貢献した DF アントニオ・リュディガーは、直前に喫した 2つの敗戦はチェルシーの危機感を高めるために必要だったとコメントしたようです。
スポンサーリンク
Chelsea

サッリはナポリ時代の公式を使ってタイトル獲得に勝負を賭ける

先日のマンチェスター・シティ戦でアザールを所謂「偽9番」として起用したことは一定の驚きをもって迎えられましたが、この戦術は選手は違うもののサッリがナポリ時代に使っていた方法だとメディアが報じているようです。
Chelsea

サッリはついにMFカンテの完璧な役割を見つけたのか?

先日行われたプレミアリーグのマンチェスター・シティ FC 戦で先制ゴールを挙げるなど、活躍が際立っていた MF エンゴロ・カンテについて、サッリがついに彼の最高な役割を見つけたのだろうかと地元メディアが論じているようです。
Chelsea

マンチェスター・シティ戦で学んだ4つのこと

メディアから敗戦についての様々な批判を受け、良くない状態で迎えたマンチェスター・シティ FC 戦で防戦ながらも 2-0 のクリーンシートを達成したチェルシーについて、地元メディアがこの試合で見た 4つの事柄について述べているようです。
Chelsea

マーティン・キーオン、サッリはアザールの問題に苛立っていると語る

日本時間土曜日深夜に行われるプレミアリーグのビッグマッチ、チェルシー VS マンチェスター・シティ戦でチェルシーの今の状況を打開する鍵はここ暫くゴールの無い FW エデン・アザールの復調にあると現 TV 解説者のマーティン・キーオンが述べたようです。
Chelsea

チェルシー、インテルFWイカルディ、ポルトDFエデル・ミリトン獲得レースの現状

来年 1月の移籍ウィンドウ再開を踏まえ、チェルシーが獲得を狙う選手たちの現状について、地元メディアが報道しているようです。
Chelsea

チェルシー、マン・シティ、リバプールがプレミアリーグ最良のロングパサーである

今シーズンのチェルシーのプレースタイルとして、ジョルジーニョが振るうメトロノーム・リズムに沿って短いパスを繋いで相手ディフェンスの綻びを創り出すサッリ・ボールが特徴的ですが、現地メディアがショートパスではなくロングパスに注目して、ロングボールを上手く使用しているクラブを分析しているようです。
Chelsea

サッリ、タイトルレースでシティとリバプールについて大胆に予想する

プレミアリーグの新人監督の無敗記録を 12試合に更新したものの、スタンフォード・ブリッジでのエバートン FC 戦に引き分けてしまったマウリツィオ・サッリが、インタビューでここ数試合のチェルシーの低調具合についてコメントしたようです。
スポンサーリンク