分析

スポンサーリンク
Chelsea

FWアザールのレアル・マドリードへの移籍はチェルシーにとっても朗報だ

FW エデン・アザールの「自分の将来を決断した」報道はチェルシーのファンを大きく揺るがすニュースとして取り上げられていますが、とある地元メディアはアザールのレアル・マドリードへの移籍は必ずしもマイナスではなく、むしろチェルシーにとっても悪い話ではないと考えているようです。
Chelsea

FWイグアインを最大限に活用するために行うべき3つの戦術変更

プレミアリーグで大敗の後に大勝を挙げているとおり、チェルシーの最近の戦績の不安定さが指摘されている状況で、今冬の移籍ウィンドウでレンタル加入した FW イグアインを最大限に活用するため、とあるメディアが 3つの戦術変更を提唱しているようです。
Chelsea

ルーベン・ロフタス=チークの復帰は中盤の問題を修正する

今年初めの FA カップ 3回戦のノッティンガム・フォレスト FC 戦で背中の負傷により戦線離脱を余儀なくされた MF ルーベン・ロフタス=チークが先日の FA カップ 4回戦シェフィールド・ウェンズデイ FC 戦で復帰したことで、ロフタス=チークの起用が中盤の創造性の欠如という問題を解決する一手になるとメディアが報じているようです。
スポンサーリンク
Chelsea

サッリ・ボールが直面する問題、チェルシーの戦術的な頭痛のタネ

昨年 11月、今シーズンのチェルシーの快進撃に陰りが見え始めたエバートン FC 戦の引き分け以降、チェルシーの戦術が研究され弱点を突かれ始めたことで、チェルシーの戦歴は悪化の一途を辿っています。その原因となるサッリ・ボールの原理について、とあるメディアが解説しているようです。
Chelsea

チェルシーのサッリ・システムにフィットする完璧なストライカー

現地メディアの噂話では、FW ゴンサロ・イグアインのチェルシー入りがカウントダウンを迎えているようですが、とあるメディアがイグアイン以外の選択肢として、サッリ・ボールのストライカーとして最もフィットするプレイヤーの候補を挙げているようです。
Chelsea

FWプリシッチはチェルシーをプレミアリーグの次のレベルに引き上げる

ドルトムントから FW クリスチャン・プリシッチがチェルシーに加入しましたが、実質的な稼働は 2019/20 シーズンからとなります。プリシッチの加入が FW エデン・アザールの代替要員であることを予想しているファンも居るようですが、とある地元メディアはプリシッチはアザールの置換えではなく、アザールやウィリアン、ペドロと同列に置いてプレーさせることでその真価を発揮させるだろうと予想しています。
Chelsea

サッリが監督を更迭される3つの理由と解任を回避する方法

今シーズンのプレミアリーグで開幕以来 11試合無敗を飾ったチェルシーも、トテナム・ホットスパー FC での敗戦から 3勝 3敗と急に戦歴が悪くなっている状況で、とあるメディアがロマン・アブラモビッチオーナーの我慢の限界に達してマウリツィオ・サッリの更迭に注目した論評を出しているようです。
Chelsea

チェルシーが今冬での放出を検討すべき 3人の選手たち

年の瀬も迫り、プレミアリーグを含めたヨーロッパの各リーグでは冬の移籍期間を間近に控えているなか、とあるメディアが今冬でチェルシーが放出を検討するべき冗長となっているプレイヤーを 3人挙げ、新陳代謝の必要性を説いているようです。
Chelsea

サッリ、FWアザールの偽9番起用の継続を仄めかす

難敵マンチェスター・シティ FC 戦での勝利の勢いをそのままにプレミアリーグで 2連勝を飾っているチェルシーの原動力となっている FW エデン・アザールの偽9番起用ですが、マウリティオ・サッリはこのままの起用を今後も続けることを示唆しているようです。
Chelsea

サッリのベンチメンバー登録の傾向がチェルシーのウィングにとって危険である理由

プレミアリーグ開幕当初と比較してサッリの戦術も変遷を辿っていますが、最近の偽9番システムで各試合のベンチメンバーもその影響を受けて傾向が変わっていることに着目した地元メディアが、その危険性を提起しているようです。
スポンサーリンク